ゲーミングPCレビュー

GALLERIA XA7C-R36T実機レビュー!外観・静音性・ベンチ性能をチェック

2022年11月23日

ドスパラで一番の売れ筋ゲーミングPC【GALLERIA XA7C-R36T(ガレリアXA7C-R36T)】。

今回その実機を貸し出ししてもらえたので、早速レビューをしていきたいと思います。

初心者から上級者までおすすめなGALLERIA XA7C-R36Tの魅力を一緒にチェックしていきましょう!

※時期によって仕様・構成が変わる可能性があるため、最新の情報は公式サイトでご確認ください。

関連記事
ドスパラ:ガレリア(デスクトップ)全シリーズ一覧|コスパ・性能比較

ドスパラで現在販売されているデスクトップ型BTOパソコン・ゲーミングPC「ガレリア」全シリーズの詳細をデータベースとしてまとめました。 各モデルのスペックから価格までそれぞれ並び替えて比較出来るので、 ...

続きを見る

GALLERIA XA7C-R36Tってこんなパソコン

まずはGALLERIA XA7C-R36Tについてどんなパソコンなのか簡単に解説しておきます。

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-12700 (2.10GHz-4.80GHz/12コア/20スレッド)
CPUクーラー (空冷式) 静音パックまんぞくコース
GPU NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti 8GB (HDMI x1,DisplayPort x3)
マザーボード インテル H670 チップセット ATXマザーボード
メモリ 16GB (8GBx2) (DDR4-3200)
ストレージ 1TB SSD (NVMe Gen3)
光学ドライブ 無し
電源 650W 電源 (80PLUS BRONZE)
ケース ガレリア専用 SKケース (ATX) スタンダード(ガンメタリック)
入出力ポート 前面:USB 3.2 Gen1 Type-A x4
背面:USB 2.0 ×2 、USB 3.2 Gen1 ×3 、USB 3.2 Gen2 Type-A ×2 、USB 3.2 Gen2 Type-C ×1
本体サイズ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
重量 約14kg
キーボード・マウス 無し
価格 229,980円(税込)

※基本構成です。カスタマイズによりスペック・価格は変わります。

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

GALLERIA XA7C-R36TはIntelの第12世代CPUであるCore i7-12700に、コスパに優れたミドルハイGPU:RTX3060Tiを組み合わせたモデルです。

RTX3060Tiは現行のGeForce RTXシリーズとしてはミドルハイに位置するGPUですが、なんと前世代のフラッグシップに迫るモデルであるRTX2080を上回る性能を持っているのが特徴。

そのためライトゲーマーはもちろん、高性能なゲーミングPCを探しているコアゲーマーにも十分魅力的なモデルとなっています。

それでいて22万円台という非常にコストパフォーマンスに優れたモデルとなっているので、ドスパラで一番人気なのも納得ですね!

 

GALLERIA XA7C-R36Tの実際の外観を写真でチェック

ということで実機レビューに入りたいと思います。

まずは実物の外見を写真でチェックしてみましょう。

 

GALLERIA XA7C-R36T本体

こちらが今回お借りしたGALLERIA XA7C-R36Tの全体像です。

スチールパネルを採用した新型ケースのおかげで、上質でスタイリッシュな外観となっています。

 

フロントパネル上部。

フロントパネルの上部には電源スイッチを始め、各種インターフェースがまとまっています。

4つあるUSBはすべてUSB 3.2となっているので、高速な通信が可能です。

 

上段~中段にかけては5インチベイとガレリアのロゴマークがあります。

 

下段には特に何もありません。

 

右サイド部分。

右サイドには大型のアクリルパネルが設置されていて、内部パーツが見えるようになっています。

このあたりはゲーミングPCらしいデザインですね!

 

また前方の部分にはひし形のスリットがあり、内部には青いメッシュパネルを設置。

ここは吸気用のスリットになっているのですが、ドスパラやガレリアをイメージする青いカラーが良いアクセントになっていますね。

 

左サイド。

左側も同じように前方に青いひし形のスリットがありますが、こちらはアクリルパネルなどはなくかなりシンプルな外観となっています。

 

続いて背面部分。

こちらは一般的なタワー型PCといった感じに仕上がっています。

 

背面上部。

上部にはインターフェース類と排気用ファンが見えます。

背面インターフェースはUSB 2.0 ×2 、USB 3.2 Gen1 ×3 、USB 3.2 Gen2 Type-A ×2 、USB 3.2 Gen2 Type-C ×1とかなり充実していて、多くの周辺機器が接続できるようになっています。

”使用不可”とステッカーが貼られている部分はマザーボードのオンボードグラフィック機能を使う場合のHDMI端子などで、高性能なグラフィックボードが装着されているこのモデルでは使用しません。

このステッカーがあることで初心者の方が間違って接続してしまうようなこともなくなるので安心ですね!

 

中段部分。

こちらは前述した高性能グラフィックボード、RTX3060Tiのインターフェースがあります。

HDMIの他にDPが3つあるので、最大で4つもモニターを接続することができます。

 

背面下段には電源と、その主電源があります。

 

続いて天板部分。

天板部分にもサイドパネルと同じくひし形のスリットがあり、こちらは排気用となっています。

サイドパネルとは違ってカラーは黒に統一されています。

 

ひっくり返して底面もチェック。

底面には四隅にゴム足があり、後方部分には取外し可能なメッシュパネルが装着されています。

 

このメッシュパネルのお陰で掃除が簡単にできるので、面倒なPCのメンテナンスも少ない負担で済みます。

 

次は内部を見ていきましょう。まずはメインとなる右側面から。

内部には大型のCPUクーラーやGPUが装着されていますが、まだまだスペースには余裕があります。

 

CPU部分アップ。

搭載されているクーラーはDEEPCOOL製のものです。こちらは「静音パックまんぞくコース」として装着されています。

 

メモリは8GBの2枚刺しで、ヒートシンクなどは特についていません。

 

グラフィックボード。

こちらはPalit製のRTX3060Tiとなっています。デュアルファンなので冷却性能もしっかりしてそうです。

 

電源部分には現在主流となっているシールドカバーが。

このカバーがあることで見た目がすっきりするだけじゃなく、電源とマザーボードの熱源を分けることで内部の熱も効率的に排出できるようになっています。

まさに一石二鳥ですね!

 

またシールドカバーの上には3.5インチHDD用のシャドウベイが2つあります。

 

フロントパネル裏側には5インチベイが、

 

その下には吸気用の大型ファンがあります。

 

こちらは左側面。

左側は主に配線類をまとめるためのスペースとなっています。

 

マザーボード裏側。

マザーボードの裏側はCPU部分を中心に大きくくり抜かれていて、これにより効率的に放熱することができるわけですね。

 

余ったケーブルなどは結束バンドやタイラップでまとめられています。

 

電源部分。

こちらも前方にあるスペースを活かして、余ったケーブルは束ねてまとめられています。

 

ちなみに新型のケースを採用したこちらのGALLERIAは、電源を入れることでフロントパネル周りに埋め込まれたLEDのラインが光ります。

※画像はXA7C-G60Sのもの。

こちらのライティング機能ですが、色や光り方などは専用のソフトで自分の好みに変更可能となっています。

旧型のケースではこういった遊びがなかったので、比較するとだいぶゲーミングPCっぽくなったような印象ですね!

 

GALLERIA XA7C-R36T本体の外観に関しては以上です。

 

GALLERIA XA7C-R36Tの付属品

借用品への付属品はACケーブルのみだったので、写真は省略します。

通常は取扱説明書やマザーボード付属のユーティリティーディスクなどがついてくるようなので、詳しくは公式サイトを御覧ください。

また今回は特別にオプション扱いのゲーミングマウス&キーボードも付属していた為、合わせてレビューしたいと思います。こちらは通常カスタムで選択する必要があります。

 

GALLERIAオリジナルゲーミングマウス

GALLERIAオリジナルのゲーミングマウスはこんな感じ。

形状的にはオーソドックスなデザインのマウスです。

接続はUSBで、DPI(マウスポインタの速度)変更ボタンなどカスタマイズ可能なボタンが合計8つあります。(スクロールホイール含む)

PCのゲームではマウスにたくさんのボタンが付いているとかなり操作が楽になるので、これは嬉しいですね!

ゲームに限らず普段のネットサーフィンやPC作業でもショートカットを割り当てられるので快適になりますよ~♪

 

こちらは真上から見た図。

きれいな左右対称形のマウスですね!

 

裏面。

マウスの滑りをなめらかにするパネルが3箇所ついています。

ちなみにレーザーマウスなので読み取りが素早く正確です。

 

左側。

2つのボタンとDPI変更3段階がひと目で分かるLEDインジケーターがあります。

 

右側も同じ。

ボタンが多いだけじゃなく、左右対称なので右利きの人も左利きの人もどちらでも使えるというのも大きなメリットだと思います!

 

GALLERIAオリジナルゲーミングキーボード

次はGALLERIAオリジナルゲーミングキーボードです。

 

本体はこんな感じ。

見た目は普通のキーボードって感じですね!

ちなみにキーはメンブレン式で、打鍵感も悪くなかったです♪

 

裏面。

こちらも角度調整のスタンドや滑り止めマットが付いている一般的なキーボードといった印象です。

 

取説も入っていました。

オプション2,000円ほどで購入できる安価なキーボードでありながら、範囲は決まっているもののゲーミングキーボードということで同時押しにも対応しています。(太枠内)

またテンキーの右上にあるボタンを押すことで3段階のモードを切り替えることができ、ゲーム中に誤ってWindowsキーを押してしまうことを防いだり、キーのリピートをする機能もついています。

 

角度調整はスタンドを立てるか立てないかの2段階のみ。

 

こちらが通常時。

 

スタンドを立てるとキーボード上部が1cmほど高くなります。

スタンドに関してはそこまでこだわる人はいないと思うので、これで十分でしょう。

全体的に見ると安い割にはゲーミングキーボードとして最低限の機能がしっかり確保されているという感じで、前述したマウスと同様に2,000円で購入できる入門用ゲーミングキーボードとしては全然アリな製品だと思います!

とりあえずのゲーミングマウスとキーボードが欲しい人はオプションで選択するのがオススメです♪

 

GALLERIA XA7C-R36Tの付属品については以上となります。

 

GALLERIA XA7C-R36Tのストレージ情報&性能

次にGALLERIA XA7C-R36Tのストレージ情報を見ていきましょう。こちらが届いた状態のGALLERIA XA7C-R36Tのストレージ情報。

システムドライブである1TBのM.2 SSDにはOSなどがインストールされ、残りの容量は約896GBとなっていました。

 

Crystal Disk Info


ストレージの状態をチェックするCrystal Disk Infoでの結果はこんな感じ。

 

Crystal Disk Mark

続いてストレージの読み書き速度を測るCrystal Disk Markです。

こちらで測定した結果、読み込み速度は最大で3,539MB/s、書き込み速度は最大3,149MB/sという数値が出ました。

かなり速いですね!特に書き込み速度が非常に高速なので、ファイルのコピーやアプリのインストールがすぐ終わりそうです。

 

ちなみにGALLERIA XA7C-R36Tの電源ONからデスクトップ画面になるまでの時間は15秒~20秒ほどでした。

 

GALLERIA XA7C-R36Tの各種ベンチマーク性能

続いてGALLERIA XA7C-R36Tの具体的な性能を表す各種ベンチマークテストの結果をまとめてみました。

テスト環境としては初期化済みのGALLERIA XA7C-R36T実機でOSのアップデート&最新のグラフィックスドライバをインストールした状態で行っています。

 

PCMARK10

PC全体のスコアの目安となるPCMARK10では、8014というスコアになりました。

8000超えはかなりのハイスコアなので、一般的な使い方はもちろん負荷のかかる使い方でも快適に利用できそうです。

 

CINEBENCH

CPU性能をチェックするCINEBENCHでは、シングルコア性能が701pts、マルチコア性能が6063ptsとなっていました。

こちらも非常に高速!特にマルチコアが6000を超えているのは凄いですね。これだけ早ければ動画のエンコードなども非常に高速に行うことができるでしょう。

 

3DMARK

ゲームに大きな影響を与える3D性能の目安となる3DMARK(Time Spy版)では、11657というハイスコアをマークしました。

1世代前のハイエンドGPUで8000超えほどのスコアだったので、大きく性能向上していることがわかります!

 

Final Fantasy XV ベンチマーク

続いて実際のゲームのベンチマークを測定してみましょう。

まずはファイナルファンタジー15 Windows Editionのベンチマーク。高品質&フルHD&ウィンドウモードで測定です。

結果は10956で『非常に快適』という評価になりました。これは最高評価なので、重いゲームであるFF15もノンストレスでプレイできます。

 

Final Fantasy XIV 暁月の終焉 ベンチマーク

国産の大人気MMORPGであるFF14のベンチマークです。こちらも最高画質&フルHD&ウィンドウモードで測定。

結果はスコアが24424、評価が『非常に快適』となりました。

FF15より軽いこともありますが、こちらも最高評価なので大人数が密集するようなエリアでもカクつくことなくプレイできそうです。

 

ドラゴンクエストX ベンチマーク

もう一つの国産人気MMOであるドラゴンクエストXのベンチマークソフトも最高画質&フルHD、ウィンドウモードで試しました。

結果はスコアが25196、評価が『すごく快適』となりました。

DQ10は前述した2作品に比べるとだいぶ軽いゲームなので、全く問題ありません。

 

Phantasy Star Online2 : New Genesis

最後はSEGAの人気アクションRPGのPSO2:NGSです。

新しくリニューアルされたこちらのゲームでは、35717というハイスコアになりました。

グラフィックが一新されて以前よりも重くなっているものの、それを全く感じさせないような余裕のあるスコアとなっています。

 

GALLERIA XA7C-R36Tの具体的なベンチマーク性能については以上です。

 

GALLERIA XA7C-R36Tの静音性をチェック

GALLERIA XA7C-R36Tの静音性についてもチェックしてみました。

ただこちらは本格的な測定器で行ったわけではなく、スマホアプリの騒音測定器というもので判定しているので、あくまで目安として見てください。

なお測定はPCを起動した後のアイドル状態と、ゲームプレイを想定してのFF15ベンチマーク時で、それぞれ本体の真上&30cmほど離した位置で行っています。

 

アイドル時・・・本体の真上

PC起動後、デスクトップが表示されて1分ほど経過した状態で測定しました。

本体の真上(2-3cmほど離した状態)で測定したときの平均騒音は26.9dB。十分な静音性です。

 

アイドル時・・・本体から30cmほど離した場所

本体から30cmほど離した場合は24.6dBと、更に低くなりました。

最小が22.4だったので、ここまで低ければ顔を真横に近づけたりしないかぎりほぼ気になることはないと思います。

 

FF15ベンチ時・・・本体の真上

次に、実際のゲームプレイを想定して、FF15ベンチを動かしているときの騒音を測定してみました。

まず本体の真上の騒音ですが、こちらは31dBとなりました。

アイドル時よりは上がってしまうものの、高性能な最新グラフィックボードを搭載している割にはかなり静かな印象です。

 

FF15ベンチ時・・・本体から30cmほど離した場所

本体から30cmほど離した場合のFF15ベンチ時の騒音は27.7dBとなりました。

本体からちょっと離れるだけでだいぶ静かになりますね。

個人差もありますが、これだとアイドル時とほぼ変わらないので騒音を気にすることなくプレイできるでしょう。

 

整理したものがこちら。

アイドル真上・・・26.9dB

アイドル30cm・・・24.6dB

FF15ベンチ真上・・・31dB

FF15ベンチ30cm・・・27.7dB

アイドル時に比べるとゲーム中の騒音はどうしても高くなってしまうものですが、それでも30cmほど離れるとアイドル時とあまり変わらないくらいになるので、静音性はかなり高い印象です。

また実際に複数のベンチマークソフトを動かして見ましたが、高負荷な状態でも十分静かに感じたので新型のケースや大型のファンが効いているように思いました。

ただ完全に無音になるわけではないので、本体をモニターの近くに置いて使用する場合などはイヤホンなどがあったほうが良いかもしれません。

密閉型ヘッドフォンやイヤフォンであれば遮音性が非常に高いのでがおすすめです!

 

GALLERIA XA7C-R36T実機レビューまとめ

ということで今回はGALLERIA XA7C-R36Tの実機レビューを記事にしてみました。

改めて内容をまとめると、

  • ドスパラで一番人気の高コスパミドルハイモデル
  • 新型ケースでスタイリッシュな外観
  • 取外し可能なメッシュパネル装備
  • 配線がまとめ&隠されていてエアフローが良い
  • 大型のファンを搭載したCPU&GPU
  • シールドカバーでスッキリな電源部
  • 必要十分な拡張性
  • フロントパネル周りにLEDライン
  • 各種ベンチマークも非常に高いスコアで安心
  • 静音性が高く騒音がほぼ気にならない

こんな感じになりました。

 

GALLERIA XA7C-R36Tは22万円台で購入可能なドスパラのミドルハイゲーミングPCです。

22万円台という価格ながら非常に高性能なCPU&GPUを搭載しているので、多くのゲームを高解像度かつなめらかなフレームレートでプレイすることができます。

また新しくリニューアルされたケースを採用しているので、見た目がスタイリッシュなだけじゃなく静音性も大きく向上。ドスパラで一番人気なのも納得の仕上がりとなっています。

半導体が高騰している現在でここまでお得に購入できるモデルはなかなか無いので、これからゲーミングPCの購入を考えている人は候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか!

気になった人は是非公式サイトをチェックしてみてください♪

ボタン

関連記事
ドスパラおすすめゲーミングPCランキング【2022】

2022/11/3:更新 DOSPARA(ドスパラ)で販売されているゲーミングPCのおすすめランキング2022年版をまとめてみました。 「ドスパラでおすすめのゲーミングPCが知りたい」 「ドスパラのゲ ...

続きを見る

-ゲーミングPCレビュー
-,

© 2022 げーみんぐPCおすすめガイド