ゲーミングPCレビュー

パソコン工房【LEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTC】レビュー!性能やコスパからおすすめ度をチェック

2019年8月27日

パソコン工房で販売されているBTOゲーミングPC『LEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTC』のレビュー記事です。

LEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTCはパソコン工房の最新エントリー~ミドルレンジ向けモデル。

Ryzen 5 3600やRTX2060など、コスパに優れた高性能パーツを使った魅力的なゲーミングPCです。

この記事ではそんなLEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTCの詳細なスペックや特徴から、対応するゲーム、類似モデルと比較、そしてコスパやおすすめ度なども解説しています。

あや
LEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTCの購入を検討している人は是非参考にしてみてください♪

※時期によって仕様・構成が変わる可能性があるため、最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください。

関連記事
パソコン工房:ゲーミングPC(デスクトップ)全シリーズ一覧|コスパ・性能比較

パソコン工房で2019年現在販売されているデスクトップ型BTOパソコン・ゲーミングPC「LEVEL ∞(レベル インフィニイティ)」全シリーズの詳細をデータベースとしてまとめました。 各モデルのスペッ ...

続きを見る

LEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTCのスペックや特徴

OS Windows 10 Home 64ビット(DSP)
CPU AMD Ryzen 5 3600
GPU NVIDIA GeForce RTX 2060
マザーボード AMD B450 チップセット (ASUS B450M-A/CSM-SI)
メモリ DDR4-2666 8GB×2(デュアルチャンネル/計16GB)
ストレージ 240GB SSD / 2.5インチ Serial-ATA
1TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ[LG GH24NSxx]
電源 700W [80PLUS BRONZE認証] / ATX電源
ケース ミニタワーMicroATXケース [InWin EM058] ブラック
本体サイズ 190(W)x475(D)x435(H)mm (本体のみ、突起物含まず)
マウス・キーボード 光学式マウス・日本語キーボード
価格 129,800円(税込142,780円)

※基本構成です。カスタマイズによりスペック・価格は変わります。

>>公式サイトで詳細をチェック!icon

 

コスパに優れた最新CPU Ryzen5 3600

CPUは最新の第3世代Ryzenから、2万円台という驚きの価格帯の高コスパモデル「Ryzen 5 3600」をチョイス。

安価な価格でありながら6コア12スレッドというマルチコアを持ち、ZEN2アーキテクチャによって作られているのでこれまでのRyzenシリーズよりも1クロックあたりの性能が飛躍的に向上しています。

そのためゲーミング性能はもちろん、動画のエンコードなども今までの同価格帯モデルよりずっと早い処理速度でこなします。

 

GPUも高コスパなRTX2060

GPUもコスパに優れたNVIDIAのミドルレンジモデル、RTX2060を搭載しています。

RTX2060 SUPERの登場で更に購入しやすい価格となったこのグラフィックボードは、RTXという名前がついているので最新のレイトレーシングテクノロジーにも対応した次世代GPUです。

RTXシリーズの中では一番安価なモデルではありますが、これまでのハイエンドモデルだったGTX1070Tiに匹敵する高い性能と、前述したレイトレーシングやDSLLといった最新技術にも対応した魅力的なグラフィックボードとなっています。

このことからコスパ重視のゲーマーに人気の製品の一つです。

 

マザーはASUS製B450M-A

マザーボードはASUSのB450M-Aが採用されています。

B450チップセットなのでPCIe Gen 4には対応していませんが、M.2ポート、USB 3.2 Gen 2ポートなどに対応した必要十分な性能を持つマザーボードとなっています。

またLED総合電飾システムであるAura Syncにも対応しているので、ケースやクーラーのファンのLEDに合わせてマザーボードを光らせることもできます。

鮮やかな光はゲーマーのテンションを更にあげてくれること間違いなしです!

 

メモリは16GBと十分な容量

搭載されるメモリはDDR4-2666 DIMM (PC4-21300) の8GBを2枚=合計16GBとなっています。

16GB以上あれば重いゲームでもメモリ不足になる心配はまず無いので安心ですね。

この価格帯だと8GBのモデルが多いので、標準で16GB搭載されているのはなかなか魅力的だと思います。

 

システム用SSDと大容量HDD

ストレージには240GBのシステム用SSDと1TBのデータ用HDDが搭載されています。

安価なゲーミングPCなので容量こそ少なめなものの、それでもしっかりと2つのストレージが搭載されているのは良いですね!

もし予算があるのであればシステム用のストレージをより高速なM.2に変えたり、HDDを3TB以上の大容量なものに変更するのもおすすめです。

 

安心の大容量700W電源

搭載される電源は700Wの80PLUS BRONZE認証電源となっています。

類似モデルではもっと容量が少なかったりするのですが、パソコン工房の場合はしっかりと700Wの電源が使われているので安心して使用できますね。

BRONZEなので電力効率はそこまでよくありませんが、その分製品自体の価格が税込み14万円台と安いので、まぁこのあたりは妥協点といえるでしょう。

 

パソコン工房オリジナルのLEVEL∞専用ケース

ケースにはパソコン工房オリジナルのLEVEL∞専用ミニタワーケースが採用されています。

赤と黒の配色が美しいこのケースは、フロントベイ上段に電源スイッチ、中段にUSB3.0、USB2.0、LINE-in&outを備え、使い勝手も考えられたケースに仕上がっています。

ミニタワーサイズなのでコンパクトで場所を取らず、様々な環境に設置しやすいのがポイント。

ただしミドルタワーやフルタワーに比べてカスタマイズ性が低くなってしまうのは仕方がないですね。

 

光学ドライブ&マウス・キーボードが付属

パソコン工房のこのモデルにはDVDスーパーマルチドライブとマウス・キーボードが標準で付属しています。

これにより別途余計なパーツや周辺機器を購入する必要がなく、パソコンが届いてすぐに利用をすることが出来るようになっています。

マウスとキーボードはまだしも光学ドライブがついているモデルは年々少なくなって来ているので、ディスクメディアの読み書きを頻繁に行う人にとってはなかなか魅力的ではないでしょうか!

その浮いた分のお金でゲーミングモニタなどを購入すれば、より快適に利用することが出来ると思います。

関連記事
ゲーミングPCと合わせて購入したいおすすめ周辺機器10選

ゲーミングPCを購入したら次に周辺機器(ゲーミングデバイス)を整えていきたいところ。 パソコン本体だけじゃなく周辺機器も良いものにすることで、快適なゲーム環境を構築することが出来るからです。 そこで今 ...

続きを見る

 

LEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTCと類似モデルとの比較

次にLEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTCと類似モデルを比較してみましょう。

類似モデルとしてはツクモの『GA5A-D193/T』、SEVENの『SR-ar5-5450G/S5/GK』等がありました。

モデル名 LEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTC GA5A-D193/T SR-ar5-5450G/S5/GK
メーカー名 パソコン工房 ツクモ SEVEN
主要スペック Ryzen 5 3600
GeForce RTX2060
16GB
SSD 240GB + HDD 1TB
Ryzen 5 3600
GeForce RTX2060
16GB
SSD 240GB + HDD 1TB
Ryzen 5 3600
GeForce RTX2060 SUPER
16GB
SSD 480GB
価格 129,980円(税別) 129,800円(税別) 144,800円(税別)

ツクモのGA5A-D193/Tは基本的なスペックはパソコン工房のLEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTCと同じで金額もほぼ一緒なのですが、電源の容量が550Wと少なめになっています。

またパソコン工房と違いマウスやキーボードが付属しないので、ツクモを選ぶのであればパソコン工房のほうが良いと思います。

SEVENのSR-ar5-5450G/S5/GKはグラフィックボードがより高性能なRTX2060 SUPERとなっているのが特徴。

そのためゲームなどでさらに高いパフォーマンスを発揮しますが、その分かかくが1万円以上高くなっているので資金に余裕があってもっと高い性能が欲しい人向けのモデルとなります。

ただストレージは480GB一つだけなので、その点は注意しておきましょう。

あや
基本的にはパソコン工房のLEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTCがおすすめです!
関連記事
【Ryzen5 3600】搭載のBTOパソコン・ゲーミングPCおすすめランキング

第3世代Ryzenシリーズの中でも省電力で2万円台という価格で購入できる、コスパに優れたモデルであるRyzen5 3600。 エントリーゲーマーからミドルゲーマーまで、売れ筋のゲーミングPCにも多く搭 ...

続きを見る

 

LEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTCが対応するゲームは?

LEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTCが対応する主要ゲームタイトルには以下のようなものがあります。

目安として、フルHD(1920x1080)&最高・ウルトラ画質設定をフレームレート100FPS以上で楽しめる=超快適!75FPS以上100FPS未満=快適60FPS以上75FPS未満=普通30FPS以上60FPS未満=厳しい、そして動作不可の5段階評価としました。

144Hzだけじゃなく240Hzなどの超高リフレッシュレートのゲーミングモニターが広く普及してきているので、少し厳し目ではありますが「60FPS未満はあまり快適にプレイできない環境」と設定しています。

なお各数値は海外のベンチマーク結果サイトにて、CPUとGPUの構成を合わせた状態で調査しました。

対応する主要タイトル

  • メトロ:エクソダス・・・ 厳しい
  • アサシンクリード:オデッセイ・・・ 厳しい
  • レッドデッドリデンプション2・・・ 厳しい
  • アンセム・・・ 普通
  • ボーダーランズ3・・・ 普通
  • モンスターハンターワールド・・・ 快適 
  • ギアーズオブウォー5・・・ 快適 
  • ファイナルファンタジー15・・・ 快適 
  • シャドウオブトゥームレイダー・・・ 快適 
  • ファークライ:ニュードーン・・・ 快適
  • ウィッチャー3・・・ 快適 
  • ジャストコーズ4・・・ 快適 
  • アサシンクリード:オリジンズ・・・ 快適 
  • PUBG・・・ 快適 
  • ゴーストリコン:ワイルドランズ・・・ 快適 
  • ヒットマン2・・・ 超快適!
  • ワールドオブウォーZ・・・ 超快適!
  • フォートナイト・・・ 超快適!
  • バトルフィールド5・・・ 超快適!
  • フォールアウト76・・・ 超快適!
  • フォルツァホライゾン4・・・ 超快適!
  • バイオハザード:RE2・・・ 超快適!
  • 黒い砂漠(リマスター)・・・ 超快適!
  • グランドセフトオートV・・・ 超快適!
  • ニーアオートマタ・・・ 超快適!
  • コールオブデューティー:BO4・・・ 超快適!
  • コールオブデューティー:MW・・・ 超快適!
  • APEX Legends・・・ 超快適!
  • ファイナルファンタジー14・・・ 超快適!
  • レインボーシックスシージ・・・ 超快適!
  • オーバーウォッチ・・・ 超快適!

LEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTCは最新のRyzen5 3600とRTX2060を搭載したミドルレンジゲーミングPCです。

どちらも前世代までのモデルから大きく進化しているので十分高性能ではあるのですが、メトロ:エクソダスやアサシンクリード:オデッセイなどの一部のタイトルでは最高画質でプレイするにはやや非力となります。

もしそういった最近のタイトルを最高画質もしくはフルHD以上の高解像度で遊びたい場合は、より高性能なRTX2070 SUPERやRTX2080Ti搭載のハイエンドモデルを選ぶのがオススメです。

ですが多くのゲームではフルHD最高画質でも快適~超快適で遊べる為、総合的には非常にコスパが高く魅力的なモデルと言えるでしょう。

関連記事
【PUBG,APEX他】ゲームタイトル別おすすめゲーミングPCまとめ

家庭用ゲーム機のようにハードがみんな同じスペックではないPCゲームは、そのPCのスペックによってゲームの快適性が大きく左右されます。 これによって対戦が有利に働くこともあれば、最悪の場合ゲームが起動す ...

続きを見る

 

LEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTCの良い点と悪い点まとめ

LEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTCの良いポイントと悪いポイントをまとめてみました。

ココがおすすめ

  • 最新の第3世代Ryzen5 3600搭載
  • コスパに優れたRTX2060グラフィックボード
  • マウス・キーボード&光学ドライブが標準装備

ココが気になる

  • ミニタワーケースなので拡張性がやや低い

このことから、LEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTCのおすすめ度は5点中4.5点となりました!

 

LEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTCがおすすめなのはこんな人

改めて、LEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTCは以下のような人におすすめです。

LEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTCはこんな人におすすめ!

  • 最新の第3世代Ryzen搭載モデルが欲しい人
  •  費用を抑えつつレイトレーシングやDLSS機能を使ってみたい人
  • 全部入りのコスパに優れたモデルが欲しい人

LEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTCは最新のRyzen5 3600にRTX2060を組み合わせたエントリ~ミドルレンジゲーミングPCです。

税込みで14万円台と安価な価格でありながら、十分高い性能を持つCPU&GPUに16GBメモリ、2基のストレージ、700W電源を搭載。

更に光学ドライブとマウス・キーボードが付属と、非常にコスパに優れた一台に仕上がっています。

欠点という欠点はほぼなく、あえて言うならミニタワーで拡張性がやや低いことくらいなので、あまり心配する必要は無いでしょう。

価格的に入門用として購入するのもおすすめですし、最新のゲーミングPCを探している人にはぜひチェックして欲しいモデルとなっています。

あや
当てはまるかも!と思った人は是非公式サイトで詳細をチェックしてみてください♪

公式https://www.pc-koubou.jp/

 

パソコン工房のおすすめモデルやセール情報

LEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTCを販売するパソコン工房では、他にも魅力的なゲーミングPCが数多く揃っています。

そんな中で特に私がオススメするのは、ミドルレンジで価格と性能のバランスが良いLEVEL-R041-i7K-TWVIです!

詳しくは以下の記事で解説しているので、気になった方は合わせて読んでみてくださいね。

【2021】パソコン工房のゲーミングPCおすすめランキング

パソコン工房で販売されているゲーミングPCおすすめランキング2021年版です。 パソコン工房はゲーミングBTOパソコンはもちろん、クリエイター向けパソコン、サーバー向けパソコン、トレーダー向けパソコン ...

続きを見る

パソコン工房の口コミ・評判を徹底調査!納期やおすすめモデルも【評価★4.5】

人気BTOパソコン・ゲーミングPCショップのパソコン工房についてのまとめ記事です。 パソコン工房とはどんなお店なのか?特徴やメリットの紹介をはじめ、口コミ・評判に支払い方法やローンの詳細、納期や送料か ...

続きを見る

またパソコン工房のセール情報は以下の記事でまとめています。

【BTOパソコン】2021年4月のセール&キャンペーン情報まとめ

  あや今月行われているBTOパソコンショップのセール&キャンペーン情報をまとめました!   各ショップの詳細なセール内容はリンク先の記事からご確認ください。 ※掲載された内容は変 ...

続きを見る







-ゲーミングPCレビュー
-, , , , ,

© 2021 げーまー女子のげーみんぐPCおすすめガイド