おすすめBTOパソコン

【2020】ドスパラのゲーミングPCおすすめランキング

DOSPARA(ドスパラ)で販売されているゲーミングPCのおすすめランキング2020年版をまとめてみました。

ネットのみならず、実店舗も大人気のPC・スマホ・ガジェットの総合デジタルショップドスパラ。

そんなドスパラのゲーミングPCを性能、価格、デザインなどを総合的にチェックし、ランキングにしてみました!

ドスパラでゲーミングPCを購入しようとしている人は参考にしてみてくださいね♪

10/21追記:現在ドスパラでは以下のセールが開催中です!

関連記事
ドスパラがクリエイター支援キャンペーンを開催中!raytrekシリーズが特価に

  あやDOSPARA(ドスパラ)でraytrekクリエイター支援キャンペーンが開催されています!   今回のセールでは表題の通り、ドスパラのクリエイター向けモデルであるraytr ...

続きを見る

ドスパラのゲーミングPCオススメランキング【11/7更新】

げーまー女子的、ドスパラのゲーミングPCおすすめランキング【2020年版】です。

審査基準として、

これまで発売されたゲームが普通以上の設定で快適に遊べる

価格設定、コスパ

その他、デザインや付加価値など

上記をベースにあやが独断と偏見で決めさせて頂きました(笑)

各PC型番をクリックすると詳細項目へジャンプできます。

PC名/型番 CPU GPU メモリ ストレージ 価格(税別)
第1位 GALLERIA XA7C-R70S Core i7-10700 GeForce RTX 2070 SUPER 16GB 512GB M.2 SSD 149,980円
第2位 GALLERIA ZA7R-R70S Ryzen 7 3700X GeForce RTX 2070 SUPER 16GB 1TB M.2 SSD 159,980円
第3位 GALLERIA ZA9C-R38 Core i9-10850K GeForce RTX 3080 16GB 1TB M.2 SSD 333,333円
第4位 GALLERIA XA7C-G60S Core i7-10700F GeForce GTX 1660 SUPER 16GB 512GB M.2 SSD 129,980円
第5位 GX70R8T Core i7-8700 GeForce RTX 2080 Ti 16GB 500GB M.2 SSD + 1TB HDD 364,800円

価格は全て税込み&送料込みです。また全てカスタマイズ前のデフォルトの価格設定です。

 

ドスパラはゲーミングPCを調べたことのある人であれば一度は聞いたことのあるメーカーではないでしょうか?

創業1992年、秋葉原ではおなじみの老舗PCショップで、現在は全国に22店舗展開。

ゲーミングPCはもちろん、PCパーツや業務用のパソコン・タブレットなど様々なデジタルデバイスを取り扱っています。

販売だけでなくPCに関するトラブルの対応も行っていて、初心者から上級者まで人気のPCショップとなっています。

 

また最近では価格.comのゲーミングPCプロダクトアワード2018で金賞、銀賞、銅賞、そして大賞と全ての賞を独占するという快挙を達成!

更に日本のみならずアジア圏内での販売台数世界一という、国内・国外ともに非常に人気のある注目のPCショップとなっています。

 

そんなドスパラのゲーミングPC「Galleria(ガレリア)」シリーズはすべてWindows10 Home 64bit版が導入済みなので、OSを別途購入する必要はありません。

セキュリティソフトもマカフィー・リブセーフ製品版12ヶ月分がインストール済み。

保証は1年間(持ち込み修理)で、他社だとオプション扱いが多い光学ドライブ(DVDスーパーマルチドライブ)が初めから搭載(GameMasterシリーズ以外)されています。

更に!これまた他社だと付いてこないマウスとキーボード(ガレリアオリジナルモデル)まで付属しちゃいます。これは嬉しい!

※追記:現在は別売りになったようです、残念・・・。ただしそれぞれ+2,000円で購入することが出来ます!

つまりドスパラのガレリアシリーズは、モニタだけあれば他に何もいらない、買ってすぐに使えるゲーミングPCということになります。

特に慣れていない方だとせっかくゲーミングPCを購入したのに、届いてみたらOSやマウス、キーボードが無くて使えない!ということになりかねないので、初めからフルで揃っているドスパラのガレリアは初心者の方に特におすすめと言えるでしょう。

これから紹介する5つ意外にも魅力的な製品が多数あるので、他のモデルも是非チェックしてみてください♪

公式https://www.dospara.co.jp/

関連ドスパラの口コミ・評判を徹底調査!【評価★5】

関連ドスパラ:ガレリア(デスクトップ)全シリーズ一覧|コスパ・性能比較

 

第1位:GALLERIA XA7C-R70S

 

OS Windows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
CPU インテル Core i7-10700 (2.90GHz-4.80GHz/8コア/16スレッド)
GPU NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER 8GB (HDMI x1,DisplayPort x3)
マザーボード インテル H470 チップセット ATXマザーボード
(PCI-Ex16/x 4 x2, PCI-Ex1 x4 / メモリスロット x4 (最大 64GB) / SATA3 x6 / M.2 x3(Key E×1))
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
ストレージ 512GB NVMe SSD
(M.2 2280, 読込速度 3200MB/s, 書込速度 2000MB/s)
光学ドライブ 無し
入出力ポート 前面:USB 3.2 Gen1 Type-A x4
背面:USB2.0 x2 USB 3.2 Gen1 Type-A x2 USB 3.2 Gen2 ×2(Type-A×1+Type-C×1)
電源 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
ケース ガレリア専用 SKケース (ATX) スタンダード(ガンメタリック)
本体サイズ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
重量 約14kg
価格 149,980円(税込164,978円)

※基本構成です。カスタマイズによりスペック・価格は変わります。

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

GALLERIA XA7C-R70SってこんなゲーミングPC!

あや
げーまー女子的、堂々の第1位はGALLERIA XA7C-R70Sです!
レビュー
ドスパラ【GALLERIA XA7C-R70S】レビュー!性能やコスパからおすすめ度をチェック

ドスパラの次世代BTOゲーミングPC『GALLERIA(ガレリア) XA7C-R70S』のレビュー記事です。 GALLERIA XA7C-R70Sはハイエンドパーツに高性能オリジナルケースを搭載した、 ...

続きを見る

このPCは一言でいえばバランスの良いスタンダードモデルといえるゲーミングPCです。

スタンダードといっても、現行のほとんどのゲームが高画質で遊べる高性能な構成となっています。

 

ではまずCPUから見ていきましょう。

CPUにはIntelの第10世代モデルであるCore i7-10700を採用。

Core i7-10700は最新の第10世代シリーズの人気モデルです。

ハイエンドなCore i9シリーズには及びませんが、ゲームによっては4Kの高解像度出力や各ゲームのウルトラ(最高)画質設定でも問題なく動作するので、鮮明なグラフィックの映像もしっかり楽しむことが可能。

また8コア16スレッドと第9世代の同クラスモデルよりもマルチコア性能も大幅にあがっているので、全てのPC作業を快適に行うことができるでしょう。

人気で品切れが続いているCore i7-10700が搭載されているのはかなり魅力的ですね!

 

GPUにはNvidiaの最新GPUであるGeForce RTX2070 SUPERをセレクト。

GALLERIA XA7C-R70SはミドルレンジのPCではあるものの、搭載されるRTX2070 SUPERは非常に高性能なハイエンドグラフィックボードです。

これまで販売されていた無印のRTX2070に置き換わるGPUで、最大クロックは1625MHz ⇒ 1770MHzと大幅にパワーアップ。ビデオメモリ8GBと大容量で、サクサク快適にプレイすることが可能に。

特に注目なのはRTX2000シリーズから強化されたレイトレーシングテクノロジーで、これによりゲーム内の光や水の反射がとてもリアルで臨場感のある表現が可能となりました。

インタフェースもHDMI*1、DisplayPort*3、 DVI-D x1とたくさんあるので、マルチディスプレイやVRを利用するのも簡単です。

更に、AIを使って高画質設定のままフレームレートをより向上させるDLSS(Deep Learning Super Sampling)機能も新たに搭載。

これにより対応しているゲームでは画質設定を落とすことなくフレームレートをあげられるという、まさにゲーマーにとって夢のような実装となりました。

参考までにAnthemでは最大で40%ものフレームレート向上が見込めます。これはかなり驚異的です・・・。

 

またこれらを搭載するマザーボードはH470チップセット搭載モデルを採用。

ブランドや型番は不明ですが、最新チップを搭載したモデルであることは間違い有りません。

 

メモリはPC4-21300のDDR4 SDRAM 8GBが2枚の合計16GBとなっています。

16GBあれば現在発売されているゲームであればどれも快適に遊ぶことができますが、もし余裕があれば今後のことを考えて32GB以上にアップグレードしておくのもおすすめです。

あや
今はメモリの価格が落ち着いてきていますし、メモリが多ければそれだけアプリの切り替えやマルチタスク処理が快適になりますからね~♪

 

続いてストレージですが、こちらは超高速な512GBのM.2 SSDが搭載されています。

M.2 SSDはこれまでのSSDの5~6倍高速な次世代ストレージです。これによりOSの起動やゲームのロード時間を大幅に短縮することができます!

ただしこのM.2 SSD1基のみだと容量的にも厳しい印象があるので、できればデータ保存用のストレージを増設しておきたいところですね。

ちなみに個人的なおすすめは4TBのHDDです。価格と容量のバランスが一番良いと思います!

 

最後にケースについて紹介しましょう。

GALLERIA XA7C-R70SにはドスパラオリジナルのGALLERIA専用SKケースが使われています。

フロントのインタフェースパネルとサイドパネルがアルミで出来ているこのケースは、2020年7月から販売されたガレリアの新型モデルに採用されているケースです。

 

明るいシーンで見てもかっこいいですが、なんとフロントパネルの縁を囲むように青いLED装飾がされているので、暗いシーンでもまた違ったかっこよさを感じることができます。

あや
ケースに標準でLEDが付いているのはゲーミングPCという感じがして気分があがりますね~!

また効率的なエアフローも魅力の一つ。

前面と底面から外気を取り込み、背面ファンと電源ユニット搭載ファンでケース内の対角線を結ぶ大きな空気の流れを作ります。

これにより熱だまりの発生を防ぎ、効果的に冷却することが出来るようになっています。

インタフェースとしては前面パネルの中央部に4基のUSB3.2ポート、スイッチ、インジケーター類を配置。

パネルが垂直ではなく斜めになっているのでアクセスしやすく、USBやヘッドホン出力、マイク入力といった使用頻度の高いポートを楽に使うことが出来ます。

 

以上となりますが、GALLERIA XA7C-R70Sは比較的購入しやすい価格帯でありながらその基本性能は高く、初心者から上級者までおすすめのゲーミングPCとなりました。

 

GALLERIA XA7C-R70Sのおすすめポイントまとめ

では改めてGALLERIA XA7C-R70Sのおすすめポイントをまとめてみましょう。

ポイント

  • 価格と性能のバランスが良い万人におすすめできるモデル
  • CPUには最新の第10世代Core i7-10700を採用
  • ハイエンドグラボGeForce RTX 2070 SUPER
  • メモリも16GBと十分
  • ストレージは超高速なM.2 SSD
  • ドスパラオリジナルの高性能SKケース
あや
GALLERIA XA7C-R70SはゲーミングPC初心者から上級者まで幅広くオススメできるスタンダードなマシンということで、げーまー女子的ランキング1位に設定させてもらいました!

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

第2位:GALLERIA ZA7R-R70S

OS Windows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
CPU AMD Ryzen 7 3700X (3.6GHz-4.4GHz/8コア/16スレッド)
GPU NVIDIA GeForce RTX2070 SUPER 8GB
マザーボード ASRock X570 Phantom Gaming4
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
ストレージ 1TB NVMe SSD(M.2 2280,読込速度 3200MB/s,書込速度 3000MB/s)
光学ドライブ 無し
電源 650W 80PLUS BRONZE
ケース ガレリア専用 SKケース (ATX) スタンダード(ガンメタリック)
本体サイズ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
マウス・キーボード 無し
価格 159,980円(税込175,978円)

※基本構成です。カスタマイズによりスペック・価格は変わります。

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

GALLERIA ZA7R-R70SってこんなゲーミングPC!

あや
第2位はGALLERIA ZA7R-R70Sです!

 

最新の第3世代Ryzenを搭載したこのモデルは、AMD派の人におすすめなドスパラのスタンダードモデルです。

Intelの第10世代CPUを搭載したGALLERIA XA7C-R70Sに近い性能を持っているので、IntelのCPUにしたいかAMDのCPUにしたいかで決めるのが良いと思います。

 

ではスペックを見ていきましょう。

CPUは大人気の最新モデル、第3世代Ryzen 7 3700Xを搭載。

Ryzen7 3700Xは4万円台のミドルハイクラスにあたるAMDの最新CPUです。

同価格帯の製品の中では最もコスパが高く、4万円台でありながらゲームタイトルによっては上位グレードのCPUにも勝るスコアを発揮します。

そのため特にゲーマーに人気のCPUとなっていて、今後各BTOメーカーのなかでスタンダードな製品となりそうなイメージがあります。

 

グラフィックボードはGALLERIA XA7C-R70S同様、NVIDIAの最新のハイエンドであるRTX2070 SUPERを搭載。

created by Rinker
MSI
¥128,800 (2020/11/29 19:55:38時点 Amazon調べ-詳細)

RTX2080にせまるパワーを発揮するこのグラフィックボードは、全てのゲームを快適にプレイすることができます。

最高画質設定によるフルHDはもちろん、軽めのゲームであればWQHDでも100FPS超えのフレームレートを得ることができるでしょう。

RTXシリーズなのでレイトレーシングやDLSSにも対応しているので、まるで実写のようなリアルな光の反射を楽しむことができるようになっています。

今後レイトレーシング対応タイトルがより増えてくるので非常に楽しみですね!

 

これらのCPUとGPUを搭載するマザーボードはASRock X570 Phantom Gaming4となっています。

ASRockはゲーマーに人気のマザーボードブランドです。

このPhantom Gaming4は名前の通りゲーミング用途として作られたモデルで、ゲームのハードな負荷に耐える高い耐久性や、2つのM.2 SSDスロットなどの拡張性がウリとなっています。

チップセットもX570と最上位なので、最新規格のPCIe Gen4にも対応。M.2 SSDがより高速で早い読み込み速度になります。

 

続いてメモリですが、このモデルでは標準で16GBを搭載。始めから大容量なのは嬉しいですね!

一応現行のゲームであればフルHDやWQHDであれば16GBで余裕があるので、カスタム分で浮いたお金をストレージや周辺機器に当てるのがおすすめです。

 

ストレージも512GBのM.2 SSDに2TBの大容量HDDの組み合わせとなっています。

GALLERIA XA7C-R70S同様、超高速なM.2 SSDがシステムドライブに採用されているのでOSの起動やインストールしたゲームの起動時間が爆速。

それでいて画像や動画などのデータを保存できる2TBのHDDもついているので、この価格帯なら十分でしょう。

一応先程お伝えしたようにこのモデルではメモリもしっかりしていて特にカスタマイズが必要な部分がないので、その分ストレージを追加するのもありですね!

 

最後にケースです。

ケースにはこちらもドスパラオリジナルの新型SKケースが採用されています。

洗練されたデザインだけじゃなく、斜めに配置されたフロントインターフェースや広い空間を生かしたエアフローなど、機能性・実用性もしっかり考えられて作られています。

電源を入れるとフロント周りが青く光るのもかっこいいですよね!

 

GALLERIA ZA7R-R70Sは最新のRyzenやハイエンドなRTX2070 SUPERを搭載しながら価格は18万円以下に収められたミドルハイモデルです。

CPUがIntel製かAMD製かで好みがわかれるところですが、第2位に設定してはいるもののGALLERIA XA7C-R70Sと並んで非常におすすめしたいゲーミングPCとなっています。

 

GALLERIA ZA7R-R70Sのおすすめポイントまとめ

では改めてGALLERIA ZA7R-R70Sのポイントをまとめてみます。

ポイント

  • 最新の第3世代Ryzen 7 3700X搭載
  • ハイエンドで高性能なRTX2070 SUPER
  • 標準で16GBの大容量メモリ
  • ゲーマー向けASRock製マザー
  • 大容量の爆速M.2SSDで安心
あや
第3世代Ryzen搭載モデルとして非常に魅力的なGALLERIA ZA7R-R70Sは、ゲーマー女子的おすすめランキング第2位とさせて頂きました!

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

第3位:GALLERIA ZA9C-R38

OS Windows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
CPU インテル Core i9-10850K (3.60GHz-5.20GHz/10コア/20スレッド)
CPUファン Scythe 虎徹 MarkⅡ(SCKTT-2000)
GPU NVIDIA GeForce RTX 3080 10GB GDDR6X (HDMI x1,DisplayPort x3/LEDライティング機能搭載)
マザーボード インテル Z490 チップセット ATXマザーボード
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-23400/8GBx2/2チャネル)
ストレージ 1TB NVMe SSD (M.2 2280,読込速度 3200MB/s,書込速度 3000MB/s)
光学ドライブ 無し
電源 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
ケース ガレリア専用 SKケース (ATX) スタンダード(ガンメタリック)
本体サイズ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
マウス・キーボード 無し
価格 249,980円(税込274,978円)

※基本構成です。カスタマイズによりスペック・価格は変わります。

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

GALLERIA ZA9C-R38ってこんなゲーミングPC!

あや
第3位はGALLERIA ZA9C-R38です!

GALLERIA ZA9C-R38は最新のハイエンドCPU&グラフィックボードを搭載したドスパラの新たなフラッグシップモデルです。

高額なモデルですが、予算が許せば非常におすすめできる一台に仕上がっています!

 

まずCPUですが、お伝えしたように第3世代のハイエンドモデル、Core i9-10850Kが搭載されています。

i9-10850Kは現行最強クラスのCPUの一つです。

10コア20スレッドという驚異的なマルチコアも魅力ですが、第10世代になったことでこれまでのCore iシリーズに比べて全体的にパワーアップしているのが大きな特徴となっています。

ゲーム自体の性能も非常に高く、多くのゲームで高いスコアを発揮。

またお伝えしたようにマルチコア性能が特に大きく向上しているので、動画のエンコードなどのでの実力を実感できるのではないでしょうか!

これまでの半分ほどの時間で作業が終わることもあり、ゲームのみならずPCの作業全般がとにかく快適になるCPUとなっています。

 

続いてGPUですが、こちらもやばいです。

搭載されるのはこれまた現行最高レベルのGPUである、NVIDIAのRTX3080です。

RTX3080は一般向けのRTXシリーズとしては現在もっとも高い製品で、パーツ単体でも13万円はする超高級グラフィックボードです。

そのため、これまでリリースされているゲームであれば全てのゲームを”超”快適に遊ぶことができるでしょう!

というかフルHDやWQHDなどの場合はそのパワーを持て余すことが多く、RTX3080の真価が発揮されるのは4Kや8Kなどの超高解像度でプレイする場合です。

逆に言うとそういった超高解像度でプレイしたい人はRTX3080を買わないとまともにプレイすることができないと思います。

それくらい4K・8K解像度はグラフィックボードに負荷がかかる処理であり、それを安定してこなせるRTX3080はそれだけパワフルなモンスターGPUということになります。

 

メモリは標準で16GBを搭載。

十分な容量ですが、ハイエンドなモデルなのでもし余裕があれば32GB以上にカスタムするのもありでしょう。

今はメモリの価格が落ち着いてきていますし、32GB以上あれば今後長く増設せず使い続けることもできますからね!

 

次にストレージです。

ストレージは超高速なM.2 SSDが1TBとなっています。HDDはありませんが、M.2 SSDの容量が1TBと大容量なのがポイントです。

容量も多いのでたくさんのゲームもインストールでき、起動&ロードが爆速でノンストレスなゲームプレイをすることができるでしょう。

 

電源は750W 80PLUS GOLDモデル

750Wもあるので高性能なCPUとGPUが安定して動作するのはもちろん、80PLUS GOLDという高品質グレードなので、効率よく電力を扱うことができるようになっています。

 

最後にケースですが、ケースはこちらもドスパラオリジナルのガレリア専用SKケースとなっています。

既にお伝えしているように、デザイン性と機能性を両立させた新型のオリジナルケースです。

ケース自体が内部スペースに余裕があるのでエアフローもよく、冷却性能もバツグン。

主要なポートやスイッチ類もフロントパネルにまとまっていますし、使い勝手も良い万能ケースとなっています。

 

以上となりますが、GALLERIA ZA9C-R38は最新のハイエンドCPUであるCore i9-10850Kを筆頭に、超高級グラボRTX3080やGen4に対応したM.2 SSD 1TBなど、非常に高性能なパーツでまとめられたフラッグシップモデルです。

超高性能なゲーミングPCで超快適なゲームプレイを楽しみたい人にオススメしたい一台と言えるでしょう。

 

GALLERIA ZA9C-R38のおすすめポイントまとめ

では改めてGALLERIA ZA9C-R38のポイントをまとめてみます。

ポイント

  • 最新のハイエンドCPU Core i9-10850K搭載
  • グラボが単体で13万円以上もするRTX3080
  • 16GBメモリで快適動作
  • 超爆速M.2 SSD、しかも1TB
  • かっこよくて高性能なオリジナルケース
あや
価格は高めですが魅力的なパーツが多数搭載されたGALLERIA ZA9C-R38、ゲーマー女子的おすすめランキング第3位とさせて頂きました!

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

第4位:GALLERIA XA7C-G60S

OS Windows® 10 Home 64bit版 [正規版]
CPU インテル Core i7-10700F (2.90GHz-4.80GHz/8コア/16スレッド/内蔵グラフィックス非搭載)
GPU NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6 (DVI x1,HDMI x1,DisplayPort x1)
マザーボード インテル B365チップセット ATXマザーボード(PRIME B365-PLUS)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
ストレージ 512GB NVMe SSD (M.2 2280,読込速度 3200MB/s,書込速度 2000MB/s)
光学ドライブ 無し
電源 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
ケース ガレリア専用 SKケース (ATX) スタンダード(ガンメタリック)
本体サイズ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
価格 129,980円(税込142,978円)

※基本構成です。カスタマイズによりスペック・価格は変わります。

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

GALLERIA XA7C-G60SってこんなゲーミングPC!

あや
第4位はGALLERIA XA7C-G60Sです!
レビュー
GALLERIA XA7C-G60S実機レビュー!外観・静音性・ベンチ性能をチェック

ドスパラの高コスパなゲーミングモデルの一つである【GALLERIA XA7C-G60S(ガレリアXA7C-G60S)】。 今回その実機を貸し出ししてもらえたので、早速レビューをしていきたいと思います。 ...

続きを見る

このモデルはこれまで販売されていたGALLERIA XTに置き換わるモデルで、低価格帯でありながら使い勝手の良いパーツを採用したゲーミングPCです。

とりあえずゲーミングPCが欲しい!という人に特におすすめの構成となっています。

 

CPUはこの価格帯のモデルとしては珍しいインテル第10世代のCore i7-10700Fを採用。

安価なモデルなのに上位モデルと同じCPUが使われているのはびっくりです。

より上位なモデルに搭載されているので当然といえば当然ですが、8コア16スレッドかつシングルコア性能がかなり高いので最近のゲームも全く問題ありません。

普通この価格帯だと採用されるのは1ランク下のCore i5シリーズが一般的なので、この時点でコスパの高さが伺えます。

 

GPUにはnVidiaのGeForce GTX 1660 SUPERをチョイス。

GTX1660 SUPERはこれまで販売されていた無印GTX1660に置き換わる最新グラフィックボードです。

前世代で評判の良かったミドルレンジモデルGTX1060の後継機という位置づけで、消費電力は控えめながら性能が大幅に向上しているのがポイントとなっています。

具体的には全世代のハイエンドモデルであるGTX1070に迫るパフォーマンスを持っています!

ちなみにGTX1070は現在も5万~6万円ほどで売られている高級モデルなので、非常にコスパが高いのがわかると思います。

ただし最新のグラフィックボードではありますが、名称をみてわかるようにこのモデルはRTXではなくGTXのままになっています。

これはレイトレーシング専用のチップが内蔵されていないこと、DLSS機能に対応していないことが理由です。

なので最新のゲームタイトルでこれらの機能が使いたいという場合は注意しましょう。そういった人はより上位のRTX20XXシリーズ搭載モデルを購入するのがおすすめです!

あや
まぁ対応していないソフトを遊ぶ場合やそれらの機能をオフにする場合は全く問題ないんですけどね~!

 

またこれらを搭載するマザーボードも安価なのにしっかりとASUS製となっています。

CPUがCore i7-9700FだったりグラボがGTX1660 SUPERだったりと、ドスパラの安いモデルは安くてもそれぞれのパーツをしっかりしたものを選んでいるのが素晴らしいと思います!

 

そしてメモリも大容量の16GB

少しずつ安くなってきてるとはいえ、やはりこの価格帯で16GB搭載なのは嬉しいです。

 

ストレージは超高速なM.2 SSD 512GBが搭載されています。

とりあえずゲームをする分には全く問題ありませんが、データ用としてHDDやSSDを別途増設しておくのがおすすめです。

個人的には4TBがおすすめです。5,700円しか変わらないのに容量4倍ですからね。

8TBはそこまで使い切る前により高性能・低価格なHDDが登場する可能性が高いということと、納期がかかってしまうのでおすすめしません。

 

最後にケースですが、こちらも紹介してきたモデル達と同様、ドスパラオリジナルのガレリア専用 SKケースが採用されています。

安価なモデルでありながらケースのグレードを落とさないのは好感が持てますね!

すでに何回かお伝えしているので省略しますが、使い勝手や拡張性など、機能性十分なケースとなっています。

 

この他にもタイミングによってはマインクラフトなどのゲームタイトルやゲーム内特典が無料で付属していることもあるので、総じてコスパが高い印象ですね!

 

GALLERIA XA7C-G60Sは価格が安いわりに採用されているパーツの基本性能が高く使い勝手が良いので、初めてゲーミングPCを購入しようとしている方に特におすすめのモデルとなっています。

安い分多少カスタムしたほうが良い部分もありますが、それでも他のモデルに比べると費用が浮くので、浮いたお金でゲーミングモニタなどの周辺機器を購入するのもアリですよ♪

 

GALLERIA XA7C-G60Sのおすすめポイントまとめ

では改めてGALLERIA XA7C-G60Sのポイントをまとめてみます。

ポイント

  • 今回紹介する中で最も安くコスパに優れたモデル
  • 安くてもCPUはCore i7-10700F
  • GPUはコスパ抜群の最新モデルGTX1660 SUPER
  • メモリも大容量の16GB
  • ストレージは超高速M.2 SSD512GB
  • ドスパラの高性能SKケース
あや
以上の内容から、GALLERIA XA7C-G60Sはゲーマー女子的おすすめランキング第4位とさせて頂きました!

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

第5位:GX70R8T(GameMasterシリーズ)

OS Windows® 10 Home 64bit版 [正規版]
CPU Intel Core i7-8700
GPU GeForce RTX 2080 Ti
マザーボード インテル H370 チップセット ATXマザーボード
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
ストレージ 500GB M.2 SSD
2TB HDD
光学ドライブ 無し
電源 DELTA 700W 静音電源(80PLUS GOLD)
ケース ゲームマスター専用GKケース (ATX)
本体サイズ 約 210(幅)×490(奥行き)×450(高さ)mm
価格 364,800円(税込401,280円)

※基本構成です。カスタマイズによりスペック・価格は変わります。

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

GX70R8TってこんなゲーミングPC!

あや
げーまー女子的、第5位はGameMasterシリーズのGX70R8Tです!

GX70R8TはドスパラのフラッグシップブランドであるGameMaster(ゲームマスター)シリーズに属するモデル。

GameMasterシリーズは一般的なPCユーザーはもちろん、eスポーツなどの公式大会でも使用される高性能・高品質なモデルだけを揃えたハイグレードシリーズです。

 

そんなGameMasterシリーズのGX70R8T。

まず搭載されるCPUはintelの第8世代人気CPUであるCore i7-8700

基本クロック3.2GHz、最大クロック4.6GH、そして6コア12スレッドとゲームで抜群のパフォーマンスを発揮するi7-8700がこのモデルでも採用されています。

i7-8700はゲームの処理速度を向上させるだけでなく、ボイスチャット等のツールやプレイ動画の配信、ブラウザの起動など、ゲームと並行して行う全ての作業が快適に動作します。

GameMasterシリーズの場合はそれだけでなく、CPUグリスも高性能なナノダイヤモンドサーマルグリスを採用。

その性能は一般的なグリスの約20倍!より効率的にCPUの温度を冷却することが可能となっています。

 

注目なのがGPU。

GX70R8Tに搭載されるグラフィックボードは現状最高性能を誇るGeForceの最新モデルRTX 2080 Tiです!

RTX2080 Tiは現行のグラフィックボードの中では最強のスペックをもつ機種となっていて、現在販売されている全てのゲームが最高設定でも余裕で遊べるほどの性能となっています。

また最高設定で遊べるだけでなく、RTXシリーズということで対応したゲームではレイトレーシングをONにすることでよりリアルなグラフィックを楽しむことが可能。

更にVRにも対応していて、これから登場する次世代のゲームも高い設定で問題なく遊ぶことができるでしょう。

 

以下の動画は前世代フラッグシップモデルGTX1080 Tiと最新世代フラッグシップモデルであるRTX2080 Tiの性能を比較したものです。

こうしてみると2080 TiのほうがFPS(要は快適にゲームを遊べる目安の数値)が常時10~15ほど高いことがわかります!

また通常だと性能が高い分発熱が増えるのが一般的ですが、性能が上がっても2080 Tiは発熱が増えていないません。

それどころか場面によっては2080 Tiのほうが低いこともあり、単純なスコアだけでなく全体的にブラッシュアップされたのが2080 Tiというわけですね。

もちろんRTX2080Tiでも他のRTXシリーズ同様、高画質なのにフレームレートをあげられるDLSSに対応していますよ!

 

そしてもう一つ、GX70R8Tを語る上で外すことが出来ないのがストレージです。

このモデルで採用されているのは500GB M.2 SSD1TB HDD。1TB HDDは置いといて、注目してほしいのはSSDのほうです。

M.2 SSDについてよく知らない人のために簡単に説明しておくと、SSDよりも遥かに高速な次世代ストレージがM.2 SSDです。

大体の製品がSSDの5~6倍ほどの速度となっているので、ここにOSやゲームをインストールすると起動速度が恐ろしく速くなります!

今後M.2 SSDが主流になっていくことを考えると、それが既にシステムドライブとして採用されているGX70R8Tはさすがハイグレードモデルといったところでしょうか。

 

メモリも最初から16GBが搭載されているので、特にカスタマイズしなくても問題ありません。

性能に合わせてよりハイスペックにしたい人は32GBを選ぶのも良いですが、ほとんどの人は必要ないでしょう。

ただ一応プロ仕様なので、ここは標準で32GB以上搭載してくれてたほうが良かったかなぁ・・・。

まぁ16GBで全然問題ないんですけどね!

 

そしてケース。

前述した2モデルはガレリアオリジナルのKTケースが採用されていましたが、GameMasterシリーズはより高性能なゲームマスター専用GKケースを採用。

 

このケースはRTX2080Tiなど高性能なパーツを使うことで発生する熱をより強力に冷却する「圧力冷却」という仕組みが導入されています。

これはによりゲーム中の負荷による発熱を抑え、取り込む空気量を増やすことが可能に。

ケース全体へ空気を送ることによりパーツへの負担を減らし、パソコンの長寿命化を実現しています。

 

またフロントにはUSB3.0ポートを4つも搭載。

ゲーミングPCは様々な周辺機器を使うことが多いので、こういったあたりさすがプロ仕様という感じですね!

もちろん背面もUSB2.0x2、USB 3.1 Gen1x2、USB3.1 Gen2x2(TypeA)と豊富なインタフェースが揃っています。

 

メンテナンス面もよく考えられていて、サイドの強化ガラスはワンタッチで開き、底面にはスライドで取り外し可能な防塵フィルターを搭載

これによりケース内部の清掃・増設を簡単に行うことができる他、ホコリの侵入をシャットアウトすることが出来るようになっています。

 

また、RTX 2080 Tiが搭載されたこのモデルにもCOD:MWがバンドルされています。 ※終了しました。

最新作ではレイトレーシングにも対応しているので、購入してすぐにその最強スペックを楽しむことが出来ます。

PS4やXbox Oneでは楽しめないより美麗なグラフィックを堪能してみましょう!

関連記事
RTXシリーズ購入でCOD:MWが無料で貰える新キャンペーンスタート!

あやGeForce RTXシリーズの購入でCall Of Duty:Modern Warfareがタダで貰えるバンドルキャンペーンが開催中です!   今回のキャンペーンは先日まで行われていた ...

続きを見る

 

GX70R8Tはこのように全てのパーツがハイグレードなもので構成されたまさにフラッグシップゲーミングPCとよべるモデル。

ダイヤモンドサーマルグリス、RTX 2080 Ti、M.2 SSD 500GB、メモリ16GB、高性能ケースなどいたれりつくせりで、まさに敵なしといった感じです!

ただし価格が30万円以上もする高額なモデルため、万人におすすめはしにくいのと、同じくフラッグシップなGALLERIA ZA9C-R38の魅力の方が強かったのが今回5位にした理由となります。

 

GX70R8Tのおすすめポイントまとめ

ではここで再度GX70R8Tのおすすめポイントを見てみましょう。

ポイント

  • ドスパラのプロ仕様GameMasterシリーズのフラッグシップモデル
  • Core i7-8700+ダイヤモンドグリス
  • 最強グラボRTX2080Ti搭載!
  • M.2 SSD採用で起動&ロードが爆速
  • メモリも余裕の16GB
  • 強力な冷却性能&メンテナンスのしやすいGKケース
  • 全体的に最高スペック、ただし30万超えと高額
あや
以上の内容から、GX70R8Tはげーまー女子的おすすめランキング第5位とさせて頂きました!

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

まとめ:自分に合ったPCでゲームを楽しもう!

ということで今回はドスパラの最新オススメゲーミングPCランキングをご紹介してきました。

個人的なオススメをランキングとしてまとめましたが、一番は自分の用途・要望にあったマシンを購入するということです!

ドスパラのゲーミングPCは他のショップと違い、OSや光学ドライブにキーボード・マウスなど、まさにオールインワンといった感じの内容が大きな魅力。

初心者はもちろん上級者まで幅広い層におすすめできるPCショップとなっています。

今回紹介した機種以外にも価格・性能からより自分にピッタリのマシンを選べるよう多数のラインナップがあるので、気になった人は是非公式サイトをチェックしてみてくださいね♪

公式https://www.dospara.co.jp/

関連ドスパラの口コミ・評判を徹底調査!【評価★5】

関連ドスパラ:ガレリア(デスクトップ)全シリーズ一覧|コスパ・性能比較

10/21追記:現在ドスパラでは以下のセールが開催中です!

関連記事
ドスパラがクリエイター支援キャンペーンを開催中!raytrekシリーズが特価に

  あやDOSPARA(ドスパラ)でraytrekクリエイター支援キャンペーンが開催されています!   今回のセールでは表題の通り、ドスパラのクリエイター向けモデルであるraytr ...

続きを見る

最新版ゲーミングPCおすすめランキング

-おすすめBTOパソコン
-

© 2020 げーまー女子のげーみんぐPCおすすめガイド