おすすめBTOパソコン

10万円以下のBTOゲーミングPCおすすめランキング

2019年10月8日

10万円以下のBTOパソコン・ゲーミングPCが欲しいけど、たくさん種類があってわからない、どれにを選べばよいか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では予算10万円以内で購入できるエントリーモデルのおすすめゲーミングパソコンをランキング形式で紹介したいと思います。

初めてゲーミングPCを購入する人はもちろん、安価なサブPCが欲しい人や、10万円以下でコスパの高いモデルを探している人にもおすすめできる内容ですよ♪

あや
予算10万円以内でBTOパソコン・ゲーミングPCを買おうと思っていた人はぜひ参考にしてみてください!

※2021年7月現在、10万円以下だと購入できるゲーミングモデルがほぼ無いため、10万円前後としています。ご了承ください。

10万円以下のBTOゲーミングPC一覧

ランキングを決める前に、まず主要ゲーミングPCメーカー11社から現在販売されている10万円以下のモデルをピックアップしてみました。

関連おすすめBTOパソコンメーカー比較まとめ|特徴からおすすめモデルまで

10万円以下のモデルは一般的にエントリーモデルと呼ばれる最も安価なグレードで、他にミドルレンジモデル(中間)、ハイエンドモデル(高額)、フラッグシップモデル(超高額)があります。

より細かく分類する為に最近はミドルハイ(ミドルレンジとハイエンドの中間、ハイエンド並みの性能を持つミドルレンジモデル)などというグレードも登場してきています。

メーカー名製品名CPUGPUメモリストレージ価格(税込)
ツクモGI3J-A201/TCore i3-10100GeForce GTX 16508GB240GB SSD¥89,800
ツクモGA3A-B200/T2Ryzen 3 3100GeForce GTX 1660 Ti8GB240GB SSD¥97,800

※スマホで全項目が見えない場合、表を横にスライドさせることで確認できます。

 

主要メーカーから販売されている10万円以下のゲーミングPCはトータル2種類(2021年7月時点)で、これは半導体の価格が高騰している現在、最も少ないラインナップとなっています。

どのモデルを購入するべきか迷う人も多いと思うので、是非これから紹介するランキングを参考に決めてみてくださいね。

 

10万円以下のおすすめBTOゲーミングPCランキング【7/6更新】

今回ランキングの選定の基準としては、

グラフィックボード搭載でPC本体の価格が10万円前後のもの

※2021年7月現在、10万円以下だと購入できるゲーミングモデルがほぼ無いため、10万円前後としています。ご了承ください。

としました。

なお予算内のパーツ構成に制限はありません。

あくまで10万円以下という予算の指定のみとなります。

では早速見ていきましょう!

 

第1位:GA3A-B200/T2(ツクモ)

OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU AMD Ryzen 3 3100(4コア8スレッド、定格3.6GHz Boost時最大3.9GHz、L2+L3キャッシュ18MB)
GPU GeForce GTX 1660Ti 6GB
マザーボード ASUS PRIME B450-PLUS (ATX)
メモリ 8GB DDR4 SDRAM (PC4-21300、8GBx1)
ストレージ 240GB SSD (SATAIII接続 / 6Gbps)
光学ドライブ 無し
電源 HEC製 定格 500W 80PLUS SILVER対応
ケース G-GEAR ミドルタワーケース (69JD)
本体サイズ 190(W)x475(D)x435(H)mm (本体のみ、突起物含まず)
重量 約12kg
マウス・キーボード 無し
価格 97,800円(税込)

※基本構成です。カスタマイズによりスペック・価格は変わります。

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

第1位はツクモの『GA3A-B200/T2』です!

このモデルは今回紹介するエントリー向けとしてはかなりコスパの高いモデルです。

まずCPUですが、こちらは安価でありながら比較的高い性能を持つRyzen3 3100となっていて、この価格帯では十分なパフォーマンスを発揮します。

そしてグラフィックボードがこの価格帯では貴重なGTX1660 Tiとなっているので、フルHDであればほとんどのゲームを問題なく遊ぶことができます!

メモリやストレージ容量は少なめですが、やっぱりGTX1660Tiを搭載しているのが大きいため、1位とさせて頂きました!

公式https://www.tsukumo.co.jp/

関連ツクモのゲーミングPCおすすめランキング

関連ツクモの口コミ・評判を徹底調査!【評価★4.5】

 

第2位:GI3J-A201/T(ツクモ)

OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU Core i3-10100 プロセッサー(4コア | HT対応 | 3.6GHz、TB2.0時最大4.3GHz | 6MB キャッシュ)
GPU GeForce GTX 1650 4GB
マザーボード ASRock H410M-ITX/ac (Mini-ITX)
メモリ 8GB DDR4 SDRAM (PC4-21300、8GBx1)
ストレージ 240GB SSD (SATAIII接続 / 6Gbps)
光学ドライブ 無し
電源 HEC製 定格 500W 80PLUS SILVER対応
ケース G-GEAR ミニケース (8M05)
本体サイズ 183(W)x390(D)x300(H)mm (本体のみ、突起物含まず)
重量 約7.5kg
マウス・キーボード 無し
価格 89,800円(税込)

※基本構成です。カスタマイズによりスペック・価格は変わります。

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

第2位はツクモの『G-Gear Mini GI3J-A201/T』です!

このゲーミングPCは第3世代Ryzenを搭載したツクモのエントリー向けモデルです。

グラフィックボードは無印のGTX1650で、前述したCPUと16GBの大容量メモリが搭載されているので、どちらかというとゲーム以外のPC作業が価格の割に快適に行える仕上がりになっています。

またDVDスーパーマルチドライブスーパーマルチドライブも標準装備なので、CDやDVDの書き込みを行う人も安心。

ただし搭載されるストレージは240GB1基のみなので、別途データ保存用の大容量HDDかSSDは欲しいところですね。

公式https://www.tsukumo.co.jp/

関連ツクモのゲーミングPCおすすめランキング

関連ツクモの口コミ・評判を徹底調査!【評価★4.5】

 

第3位:GALLERIA RM5C-G60(ドスパラ)

OS Windows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
CPU インテル Core i5-10400 (2.90GHz-4.30GHz/6コア/12スレッド)
GPU NVIDIA GeForce GTX 1660 6GB GDDR5 (DVI x1,HDMI x1,DisplayPort x1)
マザーボード インテル B560 チップセット マイクロATXマザーボード
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
ストレージ Intel 512GB NVMe SSD (660pシリーズ,M.2,読込速度 1500MB/s,書込速度 1000MB/s,QLC)
光学ドライブ 無し
電源 550W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
ケース ガレリア専用 SKMケース (MicroATX) スタンダード(ガンメタリック)
本体サイズ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
重量 約14Kg
マウス・キーボード 無し
価格 109,980円(税込)

※基本構成です。カスタマイズによりスペック・価格は変わります。

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

第3位はドスパラの『GALLERIA RM5C-G60』です!

こちらは10万円をやや超えてしまいますが、コスパの高いドスパラの新型ゲーミングPCです。

生まれ変わったガレリアの最新ケースを搭載し、非常にスタイリッシュになったこのモデル。

CPUのCore i5-10400はシングルコア性能が高いため、ゲームなどの処理を高速に行うことができ、メモリも16GBと豊富。

そのためドスパラで10万円台のゲーミングPCを探している人にはぴったりな一台と言えます。

公式https://www.dospara.co.jp/

関連ドスパラのゲーミングPCおすすめランキング

関連ドスパラの口コミ・評判を徹底調査!【評価★5】

 

第4位:PG-HR3(ストーム)

OS Windows 10 Home 64bit DSP プリインストール ※OSメディア(DVD)付属
CPU AMD Ryzen 5 3500 (6コア/6スレッド 3.6GHz TDP65W)
GPU INNO3D GEFORCE GTX 1660 TI TWIN X2
マザーボード A520Micro-ATXマザーボード(RAID対応,有線LAN,M.2 Socket,メモリ2枚まで)
メモリ crucial 16GB(8GBx2) DDR4-3200/PC4-25600
ストレージ Crucial CT500P2SSD8 500GB(PCI-Express 3.0 x4接続 Read:最大2,300MB/s Write:最大940MB/s)
光学ドライブ DVD/CDドライブ/黒(DVD-R/CD)※バンドルソフト無し
電源 750W 80PLUS GOLD電源
ケース CoolerMaster MasterBox E501L(前面メッシュパネル,120mmFANx1)
本体サイズ 205(W)×458.5(H)×481(D) mm
重量 不明
マウス・キーボード 日本語USBキーボード (黒色)
USB 光学式スクロールマウス(黒色)
価格 118,800円(税込)

※基本構成です。カスタマイズによりスペック・価格は変わります。

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

第4位はストームの『PG-HR3』です!

PG-HR3は10万円をオーバーしてしまう金額ですが、個人的には非常におすすめしたいモデルです。

CPUは人気のRyzen 5 3500、そしてGPUが今回紹介する中では最も高性能なGTX1660Tiとなっています。これにより多少重いゲームでも高画質設定で滑らかなに動作します。

またメモリはCrucial製の16GB、電源は大容量750WでGOLDモデルと、いたるところにストームらしいこだわりが見られます。

ケースもおしゃれで人気なNZXT製ですし、更に光学ドライブとマウス・キーボードも付属。

予算オーバーにはなりますが、トータルで非常にコスパが高く個人的なイチオシモデルですよ!

公式https://www.stormst.com/

関連ストームのゲーミングPCおすすめランキング

関連ストームの口コミ・評判を徹底調査!【評価★5】

 

第5位:PG-TR3(ストーム)

OS Windows 10 Home 64bit DSP プリインストール ※OSメディア(DVD)付属
CPU AMD Ryzen 5 3500 (6コア/6スレッド 3.6GHz TDP65W)
GPU INNO3D GEFORCE GTX 1660 TI TWIN X2
マザーボード A520Micro-ATXマザーボード(RAID対応,有線LAN,M.2 Socket,メモリ2枚まで)
メモリ crucial 16GB(8GBx2) DDR4-3200/PC4-25600
ストレージ Crucial CT500P2SSD8 500GB(PCI-Express 3.0 x4接続 Read:最大2,300MB/s Write:最大940MB/s)
光学ドライブ DVD/CDドライブ/黒(DVD-R/CD)※バンドルソフト無し
電源 750W 80PLUS GOLD電源
ケース CoolerMaster MasterBox E501L(前面メッシュパネル,120mmFANx1)
本体サイズ 205(W)×458.5(H)×481(D) mm
重量 不明
マウス・キーボード 日本語USBキーボード (黒色)
USB 光学式スクロールマウス(黒色)
価格 118,800円(税込)

※基本構成です。カスタマイズによりスペック・価格は変わります。

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

第5位はストームの『PG-TR3』です!

このゲーミングPCは基本的なスペックや価格は前述したPG-HR3と同じで、12万円ほどにはなってしまうものの非常にコスパに優れた一台となっています。

この価格帯としては高性能なCPUとグラフィックボードを搭載しているので、安定したゲームプレイが可能。

また光学ドライブやマウス・キーボードも付属しているため、届いてすぐに使うことができます。

4位のモデルと違うのはケースくらいなので、好みで選ぶのが良いでしょう。

公式https://www.stormst.com/

関連ストームのゲーミングPCおすすめランキング

関連ストームの口コミ・評判を徹底調査!【評価★5】

 

10万円以下のおすすめモデル比較まとめ

今回のランキングで紹介した3つのモデルをそれぞれ比較したのがこちらの表です。

モデル名 GA3A-B200/T2 GI3J-A201/T GALLERIA RM5C-G60 PG-HR3 PG-TR3
メーカー名 ツクモ ツクモ ドスパラ ストーム ストーム
主要スペック Core i3-10100
GeForce GTX1650
8GB
SSD 240GB
Core i3-10100
GeForce GTX1650
8GB
SSD 240GB
Ryzen 5 3500
GeForce GTX1660
16GB
M.2 SSD 512GB
Ryzen 5 3500
GeForce GTX1660Ti
16GB
M.2 SSD 500GB
Ryzen 5 3500
GeForce GTX1660Ti
16GB
M.2 SSD 500GB
価格(税込) 97,800円 89,800円 109,980円 118,800円 118,800円

この中で最も安いのはツクモ:GI3J-A201/Tの89,800円、最も高いモデルはストーム:PG-HR3とPG-TR3の118,800円となりました。

元々10万円以下のランキング記事として公開していましたが、昨今の半導体不足によるPCの価格向上により、10万円以下ではツクモの2台以外のゲーミングPC(グラフィックボード搭載のもの)は無かったため、冒頭にも記載したように10万円前後のモデルも含めさせて頂きました。

そのため1位、2位に設定したツクモは10万円以内の価格ということでランクを付けましたが、個人的にこの価格帯でのおすすめなのはドスパラやストームのモデルです。

これらはより高性能なGTX1660、そしてGTX1660Tiというグラフィックボードを搭載していて、ツクモのGTX1650に比べると大幅な性能差があるため、予算が許すのであれば3位~5位のモデルのほうが個人的にはおすすめです!

ですがもし予算的に厳しかったり、比較的軽いゲームしか遊ばないライトゲーマーであればツクモの2モデルでも良いでしょう。

あや
予算より2万円ほどオーバーしてしまったので4位・5位に設定しましたが、ストームはパーツのこだわりが凄いイチオシメーカーです!

 

予算に合わせてゲーム環境を構築しよう

ということで今回は予算10万円以内で購入できる、エントリーモデルのおすすめBTOパソコン・ゲーミングPCランキングについて紹介してみました!

ゲーミングPCはエントリーモデルからハイエンド、そして最上級であるフラッグシップモデルまで、価格に大きな幅がある製品の一つ。

基本的には予算をベースに自分がどれくらいのスペックのPCが欲しいのか、どんなゲームを遊びたいかで決めるのがベストです。

そして思っていたより安く購入できるモデルが見つかった場合は、その分ゲーミングデバイスと言った周辺機器などを整えるのもオススメですよ~!

あや
家庭用ゲーム機より更に快適なゲーム環境を作れるのがゲーミングPCの魅力なので、是非予算に合わせて素敵なゲーム環境を構築してみてください♪
おすすめ
ゲーミングPCと合わせて購入したいおすすめ周辺機器10選

ゲーミングPCを購入したら次に周辺機器(ゲーミングデバイス)を整えていきたいところ。 パソコン本体だけじゃなく周辺機器も良いものにすることで、快適なゲーム環境を構築することが出来るからです。 そこで今 ...

続きを見る

関連記事
【最強ゲーミングPC】超高額フラッグシップBTOパソコンランキング【驚異の100万超え】

各BTOパソコンメーカーが販売しているモデルの中から、最も高額で最も性能が高いものをそれぞれピックアップしてランキングにしてみました! 果たして変態・・・じゃなくて最強はどのモデルなのか・・・!?そし ...

続きを見る

最新版ゲーミングPCおすすめランキング







-おすすめBTOパソコン
-, ,

© 2021 げーまー女子のげーみんぐPCおすすめガイド