おすすめBTOパソコン

【2020】レノボのゲーミングPCおすすめランキング

Lenovo(レノボ)で販売されているゲーミングPCのおすすめランキング2020年版をまとめてみました。

おしゃれでかっこいいモデルが揃っているレノボ。PCだけじゃなくスマホメーカーとしても人気です。

そんなレノボのゲーミングPCであるLegion(レギオン)シリーズを性能、価格、デザインなどを総合的にチェックし、ランキングにしてみました!

あや
レノボでゲーミングPCを購入しようとしている人は参考にしてみてくださいね♪

11/27追記:現在レノボでは以下のキャンペーンが開催中です!

関連記事
レノボがボーナスセールを開催中!RTX3080搭載モデルが約半額に!

  あやレノボがボーナスセールを開催中です!   今回のセールでは旧モデルから最新モデルまで、様々なパソコンがセール対象となっています。 ゲーミングPCとしてのラインナップはこんな ...

続きを見る

レノボのゲーミングPCオススメランキング【6/13更新】

げーまー女子的、レノボのゲーミングPCおすすめランキング【2020年版】です。

審査基準として、

これまで発売されたゲームが普通以上の設定で快適に遊べる

価格設定、コスパ

その他、デザインや付加価値など

上記をベースにあやが独断と偏見で決めさせて頂きました(笑)

各PC型番をクリックすると詳細項目へジャンプできます。

PC名/型番 CPU GPU メモリ ストレージ 価格(税別)
第1位 Legion T730 Core i9-9900K GeForce RTX 2080 SUPER 32GB 1TB  M.2 SSD + 2TB HDD 223,600円
第2位 Legion C730 Core i7-9700K GeForce RTX 2060 SUPER 16GB 1TB  M.2 SSD + 1TB HDD 142,991円
第3位 Legion T530 AMD Ryzen 9 3900 Radeon RX 5700 XT 32GB 512GB  M.2 SSD + 2TB HDD 161,351円
第4位 IdeaCentre T540 GE Core i7-9700 GeForce GTX 1660 Ti 16GB 256GB M.2 SSD + 2TB HDD 129,980円
第5位 Legion C530 Core i5-9400F GeForce GTX 1650 8GB 512GB M.2 SSD 80,784円

価格は全て税込み&送料込みです。また全てカスタマイズ前のデフォルトの価格設定です。

 

レノボは香港に本社を置く総合PCメーカーです。かなり有名な企業なので名前くらいは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

2004年にIBMのPC部門と合併したことにより、デルやヒューレット・パッカードと並んで世界TOP3に入るPCシェアを持つ大手企業となっています。

また2018年には超高性能なスーパーコンピュータ部門のシェアで世界一となっていて、パソコン・コンピューター業界で一目置かれる存在なのがこのレノボです。

そんなレノボのゲーミングPCであるLEGION(レギオン)シリーズは、おしゃれでスタイリッシュなオリジナルケースを使っているのが大きな特徴。

一般的なタワー型はもちろん、省スペース型やキューブ型と、非常にバリエーションに富んだデザインのモデルが揃っています。

スペック的にもエントリー向けからハイエンドまで幅広く、中には水冷クーラー搭載した静音性の高いモデルや、CPUとグラフィックボードを別々に冷却するシステムである「デュアルチャネルサーマルシステム」という独自の仕組みを採用したモデルも。

多数のプロゲーミングチームのスポンサーにもなっていて、多くのe-Sportsでレギオンシリーズが活躍しています。

 

さらにレノボはゲーミングPCなどの単純な製品販売だけじゃなく、「LEGION DOJO(レギオン道場)」というコミュニティの運営も行っています。

レギオン道場ではLEGION実機を使った試遊や全国のPCゲーマーとの交流が行えるほか、スポンサーとなっているプロゲーミングチームと対戦できたりゲームの攻略テクニックを教えてもらうことが出来るようになっています。

PCゲーマーと気軽に交流できるスペースというだけでもありがたいですが、プロから実際に手ほどきしてもらうという機会はなかなかないと思うので、かなり魅力的ではないでしょうか?

そんなレノボ、これから紹介する3つ意外にも魅力的な製品が多数あるので、他のモデルも是非チェックしてみてください♪

公式https://www.lenovo.com/jp/ja/jpad/legion

関連レノボの口コミ・評判を徹底調査!【評価★4.5】

関連レノボ:レギオン(デスクトップ)全シリーズ一覧|コスパ・性能比較

 

第1位:Legion T730

OS Windows 10 Home 64 bit
CPU インテル Core i9-9900K プロセッサー ( 3.60GHz 16MB )
GPU NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER 8GB GDDR6
マザーボード インテル Z370 チップセット搭載マザーボード
メモリ 32GB PC4-21300 DDR4 SDRAM UDIMM (16GBx2)
ストレージ 1TB M.2 SSD
2TB HDD (7200rpm/シリアルATA/3.5インチ)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
電源 500W/AC 100-240V(50/60Hz)【80PLUS BRONZE】
ケース Lenovoオリジナル タワーケース
本体サイズ 約 185 x 456 x 440mm
キーボード・マウス なし
価格 223,600円(税込245,960円)

※基本構成です。カスタマイズによりスペック・価格は変わります。

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

Legion T730ってこんなゲーミングPC!

あや
げーまー女子的、堂々の第1位はLegion T730です!

このPCは高性能なパーツを多数採用したハイエンドモデルですが、その割に価格が控えめなのが大きな魅力となっています。

 

では早速CPUから見ていきましょう。

Legion T730に搭載されるCPUは、インテル製のハイエンドCPUである第9世代Core i9-9900Kです。

トップクラスのゲーミング性能を持つことで知られているこちらのCPU。

8コア16スレッドによるマルチコア性能はもちろん、シングルコア性能が現行のCPUでは非常に高く、多くのゲームで高いスコアを発揮することが出来ます。

自作ユーザーにも人気のモデルで、オーバークロック性能も高いことから高級モデルながら人気のCPUとなっています。

 

更にCPUクーラーが標準で水冷式となっているのもポイント。

これにより静音性と冷却性能が非常に高いクーラーに仕上がっています。

 

次にグラフィックボードですが、こちらもCPUに続いてハイエンドなGeForce RTX2080 SUPERを搭載。

RTX2080 SUPERは一般向けとしては現行最強GPUであるRTX2080Tiに迫る性能を持っているグラフィックボードです。

グラフィックボード単体で8万~10万円前後はする超高級モデルで、言うまでもなく非常に高いゲーミング性能を発揮します。

フルHDであればほぼ全てのゲームを最高画質設定でも100FPS前後という高いフレームレートで遊べますし、更に高い解像度である4Kなどでも多くのゲームを快適にプレイすることが出来ます。

あや
RTX2080Tiに迫る性能でありながら価格や消費電力はRTX2080Tiより低いという、まさにいいとこ取りなグラフィックボードといえますね!

 

メモリはPC4-21300の16GBが2枚の合計32GBと、大容量です。これだけあればメモリ不足になる心配はまずありません。

それどころか通常の使用であればかなり余裕があるので、ゲームを起動しながらブラウザで攻略情報を調べたり、動画配信ソフトでキャプチャしながらゲームを遊ぶことも余裕で出来るでしょう。

その為、単純なゲーマーだけじゃなく配信者・実況者にもオススメです!

 

Legion T730はストレージも豪華です。

このモデルに搭載されるストレージは1TB M.2 SSDと2TB HDの2基構成。

SATA SSDの5~6倍は読み込み速度が高速なM.2をシステムドライブに採用しているので、OSの起動はもちろん、インストールしたゲームやプログラムのロード時間も非常に短縮されます。

しかも容量が1TBもあるので、たくさんゲームをインストールできますね!

データ用に2TBのHDDもあるので、画像や動画などのファイルもたくさん保存できますよ。

 

またDVDスーパーマルチドライブが標準搭載なのも魅力で、光学ドライブが別売りになっているモデルが増えている昨今、非常に貴重なモデルと言えるでしょう。

 

そしてこのモデルの大きな魅力の一つであるのがこのオリジナルケースです。

この1枚の写真からもユニークでかっこいいことがわかりますね!

フロントパネルに無数の穴が空いている斬新なデザインが特徴のこのケース。

単なる穴ではなく、LEDにより1680万通りの光のパターンを楽しめるように作られています。

穴の空いたケースはデザイン性だけじゃなく、冷却性能にも大きく貢献。

効率的な冷却で高く安定したパフォーマンスを発揮できます。しかもこのモデルはCPUが水冷クーラーなので、効果はさらに高くなっています。

更にこのケースには大きな魅力があります。それがメンテナンス性の高さ。

パーツのアップグレードや掃除などのメンテナンスをしたい場合、ツールレスで内部へアクセスできるようになっています。

あや
特別な工具を使わずに行えるので、初心者の方にも嬉しいですよね!

 

ただしちょっと残念な点もあります。それは電源です。

このPCに搭載される電源は500Wの80PLUS Bronze認証電源となっています。

Core i9-9900K + RTX2080 SUPERというハイパワーなパーツを採用しているので容量的にも少ない感じがしますが、電源の品質を示す80PLUS認証のランクでは一番下となるBronze認証を採用しています。

まぁレノボという一流メーカーなので耐久テストなどはしっかり行っていると思いますし、PCの性能自体にはほぼ影響しないので実際の使用には全く問題ないのかもしれません。

ただPC自体がせっかくのハイエンドモデルなので、ここは電源も良い製品を使ってほしかったなぁ~というのが正直な感想ですね。

 

とは言うものの、電源以外には特に気になる点はなくむしろ総合的なコスパは非常に高いので、初心者から上級者まで十分オススメできるゲーミングPCと言えるでしょう。

デザイン的にも非常に優れた一台なので、かっこいいパソコンを探している人にもおすすめですよ!

 

Legion T730のおすすめポイントまとめ

では改めてLegion T730のおすすめポイントをまとめてみましょう。

ポイント

  • 性能の割に安価なハイエンドモデル
  • CPUには高性能な第9世代Core i9-9900Kを採用
  • 最新の最強クラスGPU RTX 2080 SUPER
  • 大容量32GBメモリ
  • 超高速なM.2 SSD + 大容量HDD
  • DVDスーパーマルチドライブが標準搭載
  • レノボオリジナルのスタイリッシュなケース
あや
Legion T730はゲーミングPC初心者から上級者まで幅広くオススメできるハイエンドマシンということで、げーまー女子的ランキング1位に設定させてもらいました!

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

第2位:Legion C730

OS Windows 10 Home 64 bit
CPU インテル Core i7-9700K プロセッサー (3.60GHz 12MB)
GPU NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPER 8GB GDDR6
マザーボード インテル Z370 チップセット搭載マザーボード
メモリ 16GB PC4-21300 DDR4 SDRAM UDIMM (8GBx2)
ストレージ 1TB M.2 SSD
1TB HDD (7200rpm/シリアルATA/3.5インチ)
光学ドライブ なし
電源 500W/AC 100-240V(50/60Hz)【80PLUS BRONZE】
ケース Lenovoオリジナル キューブケース
本体サイズ 約 238 x 358 x 305mm
キーボード・マウス なし
価格 142,991円(税込157,291円)

※基本構成です。カスタマイズによりスペック・価格は変わります。

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

Legion C730ってこんなゲーミングPC!

あや
第2位はLegion C730です!

このPCはレノボオリジナルのキューブ型ケースを採用したミドルレンジモデルです。

 

まずCPUですが、こちらはゲーマーに人気のCore i7-9700Kとなっています。

Core i7-9700Kは3.60GHzで動作する8コア・8スレッドのインテル主力CPUです。

Core i9-9900KといったハイエンドなCPUに比べると流石に負けますが、多くのゲームタイトルで高いパフォーマンスを発揮できる人気モデルとなっています。

ゲーム以外のPC作業ももちろん快適に行なえますよ。

 

続いてGPUですが、こちらはコスパに優れたRTX2060 SUPERが搭載されています。

RTX2060 SUPERはGeForceのミドルハイモデルであるRTX2060から更に性能を高めた改良版です。

位置的にはRTX2060とRTX2070の中間に当てはまる性能ですね。

フルHDであれば多くのゲームを高画質設定でもストレスなく遊べるほか、RTXシリーズなので最新技術のDLSSやレイトレーシングといったテクノロジーにも対応します。

特にレイトレーシングに対応していると水面や鏡面に反射する映り込みが非常にリアルに再現できるようになるので、今後対応タイトルが増えていくことを考えても重要なポイントと言えるでしょう。

 

そんなLegion C730、搭載されるメモリはPC4-21300 8GBが2枚の合計16GBとなっています。

16GBあればほぼ気にしなくても大丈夫だと思いますが、現在はメモリも安いので将来的なことを考えて増設しておくのもアリですね。

ただレノボのPCは基本的にカスタマイズができないので、増設したい場合は自分で購入して行う必要がある点は覚えておきましょう。

 

ストレージは1TB M.2 SSD + 1TB HDDの2基構成となっています。

1位のモデルに比べてHDDの容量は減っていますが、超高速な読み込み速度が特徴のM.2 SSDがシステムドライブに採用され、しかも1TBというのは嬉しいですね!

あや
M.2のおかげでPC全体の作業がキビキビしたものになりますよ♪

 

最後にケースですが、このケースは冒頭で説明したようにレノボオリジナルのキューブ型ケースが採用されています。

サイズは約238 x 358 x 305mmと非常にコンパクトで、机の片隅やちょっとしたスペースに設置することが出来ます。

またこのケースにも1680万色の変化が出来るLEDライティングシステムが搭載されていて、自由にカスタマイズすることが可能。

1位のモデルと違い、光はフロントパネルの穴ではなく天面のクリアパネルから確認できるようになっています。

冷却のシステムもしっかりしていて、このキューブ型ケースではCPUとGPUを真ん中から区切ってそれぞれ独立した冷却をする、デュアルチャンネルサーマルシステムが採用されています。

これによりそれぞれのパーツから放出された熱を受けることなく、効率的に冷やすことが出来るようになっています。

あや
単純なデザインやサイズだけじゃなく、冷却性能にもこだわっているのは大きな魅力ですね!

メンテナンス性ももちろんバッチリ!

背面にあるレバーを引けばパネルが外れるようになっている為、ツールレスで簡単に内部へアクセスできますよ。

 

そんな感じでLegion C730はコンパクトでおしゃれなキューブ型のケースを採用しているのが特徴のゲーミングPCとなっています。

場所を取らないので設置しやすく、それでいて冷却性やメンテナンス性にもしっかりとこだわっているため、小型で機能的なPCを探している人にオススメと言えますね。

 

Legion C730のおすすめポイントまとめ

では改めてLegion C730のポイントをまとめてみます。

ポイント

  • Intelの主力CPU Core i7-9700K
  • 最新技術に対応したRTX2060 SUPER
  • 16GBと十分なメモリ容量
  • 超高速M.2 SSD + 大容量HDD
  • コンパクトでおしゃれなキューブ型ケース
あや
以上のことからLegion C730はゲーマー女子的おすすめランキング第2位とさせて頂きました!

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

第3位:Legion T530 AMD

OS Windows 10 Home 64 bit
CPU AMD Ryzen 9 3900X プロセッサー ( 3.80GHz 6MB )
GPU AMD Radeon RX 5700 XT 8GB GDDR6
マザーボード インテル Z370 チップセット搭載マザーボード
メモリ 32GB PC4-21300 DDR4 SDRAM UDIMM (16GB x 2)
ストレージ 512GB M.2 SSD
2TB HDD (7200rpm/シリアルATA/3.5インチ)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
電源 500W/AC 100-240V(50/60Hz)【80PLUS BRONZE】
ケース Lenovoオリジナル タワーケース
本体サイズ 約 185 x 456 x 440mm
キーボード・マウス なし
価格 161,351円(税込177,487円)

※基本構成です。カスタマイズによりスペック・価格は変わります。

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

Legion T530 AMDってこんなゲーミングPC!

あや
第3位はLegion T530 AMDです!

Legion T530 AMDはAMD製のハイエンドCPUを搭載した高性能モデルとなっています。

 

CPUはお伝えしたようにAMD製の最新ハイエンドモデル、第3世代Ryzen9 3900Xです。

12コア・24スレッドという驚異的なマルチコア性能が特徴のこのCPUは、動画のエンコードやマルチタスク作業など、複数のコアを活用する処理で非常に大きな力を発揮します。

そのため動画の編集や圧縮などを頻繁に行うYoutuberなどの実況・配信者に特におすすめと言えるでしょう。

またシングルコア性能も非常に高く、インテルのハイエンドモデルCore i9-9900Kと同等クラスのパフォーマンスを出すことができます。

ゲームに限らず様々なPC作業を快適に行えるCPUがこのです。

 

GPUはこちらもAMD製の最新モデル、Radeon RX 5700XTが採用されています。

 

RX5700XTは第3世代Ryzenシリーズと並んで、AMDの最新GPU設計であるRDNAに基づいて作られたグラフィックボードです。

これまでのVegaシリーズよりもよりゲームに特化した設計になっているため、ゲーミング性能が前世代よりも大幅にパワーアップしています。

ライバルであるNvidiaのGeForceシリーズと比較すると、RTX2060 SUPERと同等なクラスと言えるでしょう。

そのためフルHD程度であればほとんどのゲームを最高画質でも快適に遊ぶことができます。

ただ注意点として、RTX2060 SUPERと違いRX5700XTはレイトレーシングには対応していません。

AMDの次の世代のGPUからは対応する予定らしいですが、現行のRXシリーズは対応していないので、もしレイトレーシングなどの機能を使いたい場合はGeForce RTXシリーズ搭載モデルを選ぶ必要がある点は注意しましょう。

 

メモリはPC4-21300 16GBが2枚の合計32GB。大容量です。

これだけあればゲームもPC作業も全く問題ないですね。

 

ストレージは512GB M.2 SSD + 2TB HDDの2基構成。

システム用とデータ用に別れているだけじゃなく、システム用に超高速なM.2 SSDが採用されているのは魅力的です。

ゲームなどのロード時間を短縮し、快適に遊ぶことができますね。

 

光学ドライブもDVDスーパーマルチドライブをしっかり搭載。

ディスクメディアからのインストールやCD・DVDへの書き込みなどを行いたい人には嬉しいポイントです。

あや
貴重な光学ドライブ搭載機!

 

そしてこのモデルは1位のLegion T730と同様のタワー型ケースが採用されています。

既にお伝えしたとおり、斬新なデザイン性はもちろん、こだわりの冷却システムが特徴のケースです。

ただLegion T730とは違う点として、ライティングはAMD製パーツに合わせた赤固定となっています。またCPUクーラーは水冷ではありません。

ですがケース自体の出来は変わらず非常に良いので、所有したときの満足度は高いでしょう。

 

以上となりますが、Legion T530 AMDは超高性能な最新CPUであるRyzen9 3900Xに同じくAMD製である最新グラフィックボード、RX5700XTを搭載した高い処理性能が魅力のゲーミングPCです。

そのためゲームに限らず、動画編集などのクリエイティブな作業をする人に特におすすめしたいモデルとなっています。

 

Legion T530 AMDのおすすめポイントまとめ

では改めてLegion T530 AMDのポイントをまとめてみます。

ポイント

  • 最新のハイエンドCPU Ryzen9 3900X搭載
  • 前世代より大幅にパワーアップしたRX5700XT
  • 大容量32GBメモリ
  • M.2 SSD + HDDの嬉しい2基構成
  • DVDスーパーマルチドライブ標準装備
  • 魅力的なオリジナルケース
あや
以上の内容から、Legion T530 AMDはゲーマー女子的おすすめランキング第3位とさせて頂きました!

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

第4位:IdeaCentre T540 ゲーミングエディション

OS Windows 10 Home 64 bit
CPU インテル Core i7-9700 プロセッサー ( 3.00GHz 12MB )
GPU NVIDIA GeForce GTX 1660Ti 6GB GDDR6
マザーボード インテル B365チップセット搭載マザーボード
メモリ 16GB PC4-21300 DDR4 SDRAM UDIMM (8GBx2)
ストレージ 256GB M.2 SSD
2TB HDD (7200rpm/シリアルATA/3.5インチ)
光学ドライブ なし
電源 310W/AC 100V(50/60Hz)【80PLUS BRONZE】
ケース Lenovoオリジナルケース
本体サイズ 約 145 x 303 x 366mm
キーボード・マウス 日本語AccuTypeキーボード(USB)
光学ホイール・マウス (USB)
価格 107,351円(税込118,087円)

※基本構成です。カスタマイズによりスペック・価格は変わります。

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

IdeaCentre T540 GEってこんなゲーミングPC!

あや
第4位はIdeaCentre T540 GE(ゲーミングエディションです)!

このモデルはレノボの総合デスクトップシリーズであるIdeaCentreの一つで、ゲーミングエディションという名前からわかるようにゲーム性能に注力したモデルです。

そのためLegionシリーズとはまた違うオリジナルケースを採用しているのが特徴となっています。

 

まずCPUですが、こちらは第9世代のCore i7-9700をチョイス。

i7-9700はオーバークロックできない分価格を下げた、コストパフォーマンスに優れたCPUです。

性能的にはi7-9700Kとほぼ同等なパフォーマンスを発揮するので、安価な割に高いゲーミング性能を持っています。

 

続いてGPU。

このモデルではNvidia GeForceのミドルレンジモデル、GTX1660Tiを搭載しています。

GTX1660Tiは前世代のミドルレンジであるGTX1060よりも大幅にパワーアップしているのが特徴。

そのため位置的にはミドルレンジモデルではあるものの、フルHD解像度であれば多くのゲームを最高・ウルトラ画質設定でも快適に遊ぶことができるようになっています。

ただしRTXシリーズと違いGTXシリーズはレイトレーシングに対応していない為、レイトレーシング機能を使いたい場合はRTXシリーズを選択する必要があります。

 

メモリはPC4-21300 8GBが2枚の合計16GB

特別大容量というわけではありませんが、現在の環境では重いアプリやゲームを複数立ち上げない限りはメモリ不足の心配はしなくても大丈夫でしょう。

 

ストレージは256GB M.2 SSDと2TB HDDの2基構成です。

エントリー価格帯のモデルですがしっかりと2つ用意されている部分は魅力的ですね!

 

注意してほしいのは電源部で、このモデルは今回紹介している他のPCと違い、310Wとかなり低めの容量となっています。

もちろんスペック的には足りるのですが、今後CPUやグラフィックボードをアップグレードする場合は注意が必要です。

IdeaCentreはそもそもがゲーミングPCではないシリーズの為、Legionシリーズにくらべるとアップグレードやカスタマイズは考えていないのかもしれません。

 

ただし逆に嬉しいポイントも。

それはマウス・キーボードが標準で付属しているということです。

ゲーミングデバイスではなく一般的なものではありますが、多くのゲーミングPCでこれらの周辺機器が別売りのことを考えると、なかなか大きなポイントではないでしょうか。

ちなみに今回紹介する5モデルの中でマウスとキーボードが付属しているのはこのモデルだけです。

 

最後にケースですが、こちらはIdeaCentreのオリジナルタワーケースが採用されています。

このケースは元々がゲーミングモデルではないのですが、フロントパネルに見える青いライティングバーや三角の細かな柄が特徴的なデザイン性に優れたケースとなっています。

あや
シンプルだけどおしゃれですね~!

もちろんデザインだけじゃなく冷却性能も優秀で、最適化された排熱設計により優れた冷却能力と静音性を実現しています。

長時間のゲームプレでもシステムを安定して冷却出来るほか、周囲の温度を検出して自動的に冷却レベルを調整するためのスマートサーマルセンサーが組み込まれているのも特徴です。

 

ということでIdeaCentre T540 GEは一般デスクトップシリーズとしてはゲームに特化した性能を持ち、コスパが高いのが魅力のパソコンに仕上がっています。

カスタマイズ性は高くありませんが、フルHDを遊べるゲーム性能やマウス・キーボードが標準搭載されている点など、特に初心者におすすめのゲーミングPCと言えるでしょう。

 

IdeaCentre T540 GEのおすすめポイントまとめ

では改めてIdeaCentre T540 GEのポイントをまとめてみます。

ポイント

  • CPUはコスパに優れたCore i7-9700
  • GTX1660TiでフルHDなら余裕
  • 16GBと必要十分なメモリ
  • ストレージはM.2 SSD + HDD
  • マウスとキーボードが標準装備
  • サーマルセンサー付きのデザイン性に優れたケース
あや
以上の内容から、IdeaCentre T540 GEはゲーマー女子的おすすめランキング第4位とさせて頂きました!

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

第5位:Legion C530

OS Windows 10 Home 64 bit
CPU インテル Core i5-9400F プロセッサー (2.90GHz, 9MB)
GPU NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB GDDR5
マザーボード インテル B360 チップセット搭載マザーボード
メモリ 8GB PC4-21300 DDR4 UDIMM 2666MHz
ストレージ 512GB M.2 SSD
光学ドライブ なし
電源 500W/AC 100-240V(50/60Hz)【80PLUS BRONZE】
ケース Lenovoオリジナル キューブケース
本体サイズ 約 238x358x305mm
キーボード・マウス なし
価格 73,440円(税込80,784円)

※基本構成です。カスタマイズによりスペック・価格は変わります。

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

Legion C530ってこんなゲーミングPC!

あや
げーまー女子的、第5位はLegion C530です!

Legion C530は税込みで8万円台という低価格が魅力のキューブ型のエントリーモデルです。

 

CPUはコストを抑えたCore i5-9400Fを搭載。

これまで紹介してきたCore i9やCore i7シリーズと比較すると性能は落ちてしまいますが、実は安価なCPUながらシングルコア性能はそこそこ高く、価格以上のゲーミング性能を持つCPUとなっています。

そのため安くてできるだけ高性能なゲーミングPCを自作するユーザーなどに特に人気の、コストパフォーマンスに優れたモデルですね。

 

グラフィックボードは現行のGeForceシリーズでは最も安価なGTX1650を搭載しています。

一番下のグレードになるので決して高いゲーミング性能とは言えませんが、オーバーウォッチやレインボーシックスシージ、マインクラフトなど、比較的古いゲームであれば最高画質設定でも快適にプレイすることができます。

なので最新の3Dゲームをガッツリ遊ぶ人というよりライトなゲーマー向けのGPUですね。

 

メモリはPC4-21300の8GB 1枚のみとなっています。

CPUやグラフィックボードはまだ良いのですが、このメモリに関してはPCの作業全体に大きく影響するのでできれば16GB以上にしたいところ。

ただレノボは基本的にカスタマイズができないので、別途購入して自分で行う必要があります。

あや
とはいってもメモリの増設は決まった位置に指すだけなのでとっても簡単ですよ♪

 

ストレージは512GBのM.2 SSDです。

超高速なM.2 SSDで容量的にもそこそこなモデルが採用されているのは嬉しいですが、データ用のストレージなどはなく、1基のみの構成となっています。

そのためゲームなどを大量にインストールしたり動画などの大きなデータを保存するとすぐに容量がなくなる可能性があるので、別途メモリ同様HDDなどを増設するのがおすすめです。

 

そしてケースですが、このモデルのケースは2位のLegion C730と同様のレノボオリジナルキューブ型ケースとなっています。

キューブ型という形状も面白いですが、単に小さいだけじゃなくデザイン性・機能性に凝ったこのケース。

C730と違いライティングは赤一色ですが、非常にかっこよく光らせることができます。

あや
本体の黒と相まって、シンプルでかっこいいですよね!

またキューブ型のわりに中は広く作られているので、将来的にグラフィックボードを変更したくなった場合でも余裕です。

冷却の機構もCPUとGPUを独立して冷やすデュアルチャンネルサーマルシステムが採用されているので、熱暴走の心配はありません。

安価なモデルですが上位モデルと同じクオリティの高いケースを採用しているのはポイントが高いですね!

 

Legion C530はこのように税込みで8万円ほどという安さでありながら、最低限のゲーム性能と優れたキューブ型ケースを採用したコスパに優れたモデルとなっています。

将来的なアップグレードも簡単にできるようになっているので、とりあえず安いゲーミングPCが欲しいというライトゲーマーや、サブPCが欲しい人に向いているモデルと言えるでしょう。

 

Legion C530のおすすめポイントまとめ

ではここで再度Legion C530のおすすめポイントを見てみましょう。

ポイント

  • コスパに優れたCore i5-9400F
  • ライトゲーマー向けGTX1650
  • メモリは8GBと少なめ
  • 安価ながら512GBのM.2 SSD搭載
  • 上位モデルと同様のキューブ型ケース
あや
以上の内容から、Legion C530はげーまー女子的おすすめランキング第5位とさせて頂きました!

>>公式サイトで詳細をチェック!

 

まとめ:自分に合ったPCでゲームを楽しもう!

ということで今回はレノボの最新オススメゲーミングPCランキングをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

個人的なオススメをランキングとしてまとめましたが、一番は自分の用途・要望にあったマシンを購入するということです!

特にレノボの場合は他のパソコンメーカーに比べておしゃれでかっこいいデザインのモデルが多いので、単純なスペックだけじゃなく見た目で選ぶのもアリです!

今回紹介した機種以外にも価格・性能・デザインからより自分にピッタリのマシンを選べるよう多数のラインナップがあるので、気になった人は是非公式サイトをチェックしてみてくださいね♪

公式https://www.lenovo.com/jp/ja/jpad/legion

関連レノボの口コミ・評判を徹底調査!【評価★4.5】

関連レノボ:レギオン(デスクトップ)全シリーズ一覧|コスパ・性能比較

11/27追記:現在レノボでは以下のキャンペーンが開催中です!

関連記事
レノボがボーナスセールを開催中!RTX3080搭載モデルが約半額に!

  あやレノボがボーナスセールを開催中です!   今回のセールでは旧モデルから最新モデルまで、様々なパソコンがセール対象となっています。 ゲーミングPCとしてのラインナップはこんな ...

続きを見る

最新版ゲーミングPCおすすめランキング







-おすすめBTOパソコン
-

© 2020 げーまー女子のげーみんぐPCおすすめガイド